ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.02.13 Sunday

ルリ・バクティアリ キャメルバッグ

寒い日が続くと、やはりパイルの毛織物が身近に感じられます。
ということで、今回は「キリム・ソマック・パイル織り」の三拍子そろった
ペルシャのルリ・バクティアリ族のキャメル・バッグをご紹介します。
馬ではなくラクダ用ですので、大きな袋です。



この馬の文様は、JAMES OPIE “TRIBAL RUGS”という部族絨毯の名著にも出てきます。



出っ歯の馬??



細かく整ったスマック織り。
袋の表皮だけですが、上部のファスナー部分は残っています。



縁取りのセルベッジはインディゴと茜の二色が使われています。
ソマック部分は、それに加えて渋いオレンジ・緑・茶色が使われています。




ハイライトで白も使われていますが、全般的に地味な落ちついた色合いでまとめられています。



絨毯部分は2cm以上の長いパイルです。
荷物を入れたとき、絨毯部分が底になるような構造になっています。
絨毯は平織りより堅牢度が高いため、
重い荷物にも耐えられるように考えられたものだといわれています。

Powered by
30days Album