ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.09.21 Saturday

22. ブログが先生だった

 

2008年の話がつづく。

 

近所のスーパーでギャッベを買った翌年に、

アフガン人の販売員からアフガン絨毯を見せてもらった話を書いたが、

それまでの私は「ペルシャ絨毯」と「中国段通」くらいしか知らなかった。

正直なところ「パキスタン絨毯」も「トルコ絨毯」も知らなかったのである。

 

ところがネットを通じてアフガニスタンの絨毯を手に入れて、

その人間臭さというか、大地のにおいというか、

これまでに感じたことのない親近感のようなものを抱き、

もっともっとアフガン絨毯のことを知りたいと思うようになった。

 

アマゾンや日本の古本屋で「絨毯」「キリム」をキーワードに検索し、

関連する本を取り寄せて、少しずつ読むようになった。

それらの中にアフガン絨毯のこともある程度書かれてはいたが、

ペルシャ絨毯に比べるとはるかに情報量が少ない。

この時点では、英語で書かれた絨毯本のことなんか考えたこともなかったのである。

 

IMG_0939.jpg

(今回の写真はすこしずつ集めた日本語の絨毯本)

 

そんなとき、わたしの先生になってくれたのがブログである。

 

奈良のA店はネットショップと並行して店主がブログを書かれていた。

お仕事の関係でアジアの国々に駐在されたことがあり、

そこでの絨毯の使用などについて興味深い記事を書かれていた。

トルコのボザラン村やシャフセバン族のテント(アゼルバイジャンか)などを実際に訪れたレポートなどは、

ワクワクしながら読んだし、

馬に掛けるホース・カバーや様々な袋物など「トライバルグッズ」の説明なども面白かった。

絨毯やキリムって、敷物だけじゃないんだ! ということを教えてくれたのもそのブログだった。

 

IMG_0941.jpg

 

アフガニスタン絨毯に関しては、「アフガニスタンの絨毯1」「同2」というブログがとても勉強になった。

 

羊毛にも「カラコル」「ギルザイ」「カンダハーリ」「ハザラギー」「バルーチ」「ヘラーティー」などがあり

それぞれの色や特質にも触れていて、その後わたしがウールにこだわるきっかけになった気がする。

刈り取り、梳き、紡ぎ、染色、織りという工程を順序よく説明してくれていたので、

「絨毯がどのような順序でできあがるのか」という基本もよくわかった。

 

ハザラ、ウズベク、バルーチ、トルクメンなど様々なグループが絨毯やキリムを織っていること、

アフガン・トルクメンが使う各種のギュルや袋物の種類やテントベルトなど、

現時点でも見ることができるので、興味のある方は検索してみてください。

 

IMG_0940.jpg

 

実際にアフガニスタンに行かれたことのある奈良のFさんのブログも、わたしの先生だった。

パキスタンやアフガニスタンにおいては絨毯が主要な産業であり、

街に行けばかならず絨毯屋さんがあって、旅行者はそこでいろんなことを経験するようだ。

絨毯屋さんとの会話や交流のエピソードはとても貴重で、

いつかアフガニスタンが落ち着いたら、また日本人が行けるようになればいいなぁと願う。

 

欧米ではトライバルラグ・ファンが沢山いるらしいことを知ったのも、ここだった。

元HALI編集者でディーラーのトーマス・コール氏のサイトへのリンクや

各産地の絨毯について、かなり確かな説明や情報が書かれている英語のサイト(今は無いようだ)など

欧米の絨毯事情に目を向けるきっかけを作ってもらった。

 

現地で購入された絨毯やキリムの写真、

そしてそれに対するFさんの評価や思いなどが率直に書かれていることも魅力だった。

ネットショップやヤフオクでは「売る」ことが目的なので、書かれる内容も限定される。

正確でない情報や派手なセールストークなど、読んでいてヘコむときがあるが、

絨毯が純粋に好きで書かれている文章は、読む方も気持ちが良いものだ。

 

Fさんがぜひまた絨毯の記事を書いてくださるように願っている。

 

IMG_0942.jpg

 

Fさんのブログには、絨毯屋triBeの榊さんのことがよく書かれていたので

当然ながらトライブさんのサイトを見ることになる。

ビジネスで絨毯を扱っておられるのだが、

その絨毯愛の深さについてはダントツである。

 

プロの業者さんだからと言って、その人が勉強しているとは必ずしも言えないのだが

榊さんはトライバルラグの書籍やHALIなどの雑誌で研鑽を怠らない。

また、絨毯やキリム、各種の手仕事などに関わるイベントを積極的に行なっておられた。

 

その後、「美しい世界の手仕事展」などに誘っていただいて、

わたしの狭い世界がすこしずつ広がっていくことになる。

 

こうしてみると、基本は「ネットでポチ」のヒッキーではあるが、

釣り糸を垂れていると、いろんなものが引っかかり、

スケールは大きくはないけれど「絨毯の旅」が続いていったわけである。

 

IMG_0938.jpg

 

 

2019.09.14 Saturday

21. 骨董の世界に近いのか?

 

「わたしの絨毯遍歴」シリーズは、思いつくままにラグ遍歴を語るつもりだったのに、

いつのまにかオタッキーな内容になってしまう。

「絨毯の裏」や「フリンジ」から情報を読み取れるようになったのは、ずいぶん後になってからである。

 

繰り返しになるが、2008年ごろの私は本当のビギナーで、

「14. 掲示板『自慢のキリムについてオオイに語って下さい』」の書き込みは

わたし自身のギモンや悩みそのものだった。

 

<実際に実物を見て買うか、ネットで買うか>

 

掲示板では「実物を見て買うのがベターだけれど、やむなくネットに頼っている」人が多いようだった。

理由は、だいたい以下の二つだろうか。

・近所に売っている店がない(日本でキリムや部族絨毯はまだまだマイナーな存在)

・店舗は敷居が高い(いったん入ると買わずに帰るのは気がひける)

 

<写真について>

 

「写真が不鮮明だと、なかなか思い切って買えない」のは、そりゃそうだ。

2008年頃はカメラの問題もあって、不鮮明な画像も多かったと記憶している。

 

業者さんも、写真の撮り方が上手な人とそうでない人がいて、かなり売上に差が出たと思う。

(これはネット販売すべてにいえることだと思うが)

自分の経験では「写真よりずっと良かった」ケースもあれば、その逆もあった。

 

掲示板で「なるほど〜」と思ったのは

「新しいキリムは写真から大体のイメージがつかめるが、オールドは難しい」という書き込み。

 

この方は新しいキリムを実際に持っていて、その質感を知っているのだろう。

ところがオールドやアンティークは、ウールの質や染料が、一枚一枚かなり違っている。

画像だけで色や質感を判断するのはかなり難しい。

 

キリムでも難しいが、絨毯はもっと難しい。

特にバルーチなど暗い色のものは、実物の色や質感はなかなか写真で再現できない。

 

写真の問題は、撮る側だけでなく、じつは見る側にもある。

見る側がたくさんの古いキリムや絨毯を、実際に見て触れていれば、写真と実物の乖離を少しは補うことができる。

 

話がそれるが、骨董の世界で「真作と贋作」というテーマがあって、

この場合は「写真」でなく「実物」を目にしていても、贋作を見破れないということは往々にしてある。

経験をつんだ骨董屋さんでも見破れないものがあって、それは別格なのだが、

初級者レベルの贋作を見破るには、

どれだけ良い物を実際に見たり、手に取ったりしているかが大きいという。

 

20111207_2196833.jpg

 

<オールドの年数&天然染料か化学染料か>

 

この問題は、くだんの掲示板以外でもいくつかのブログで取り上げられていた。

「オールドの年数について、かなりサバを読んでいる」

「草木染めと言っていたのに実物を受け取ったらどうも違うようだ」

わたし自身、ネットでの購入で同じ経験をしている。

 

20111207_2196826.jpg

 

最近またヤフオクを見たら、あいかわらず間違った情報があふれている。

年数や染料の問題のほか、織り技法の説明が違うのではないかと思うものも多い。

 

一般の人が不用品をヤフオクで売るなら話は別だけれど、問題はプロの販売者だ。

「プロだから、説明は正しいはずだ」と購入者は思っている。

だから販売する方はその信頼に応えてほしい。

 

絨毯やキリム、特に古いものは本当に奥の深い世界なので、正確で幅広い知識を得るのは大変だ。

必ずしも悪意があるわけではなく、現地業者が言ったとおりに説明しているケースもあるだろう。

ただし現地業者だからといって、説明がすべて正しいわけではなく、ある種の「口承」情報だ。

 

このブログもたぶん間違った内容もあると思うので、えらそうなことは言えないけれど、

キリムや絨毯を愛し、その向こう側にある世界を知りたいと願っている。

 

20111207_2196835.jpg

 

* * *

 

また骨董の話になってしまうけれど、

古い絨毯やキリムの売買は、骨董の売買に近いと考えた方がいいかもしれない。

 

骨董の世界では、贋作をつかまされても、買った方は売った方に文句を言わないのがルールだと聞く。

「贋作と見破れなかった自分が勉強不足でした。

もっと精進して、つぎは贋作をつかまないようにしたいと思います」

 

なんだかすごい世界だなあ。

たとえばルイヴィトンの偽物を売っている業者が見つかったら、業者が罰せられるのが普通なのに

骨董の世界では、贋作を売りつけられても

買った方が「勉強が足りませんでした」って頭をさげるみたいな、、、

 

ただ絨毯やキリムの場合は、骨董の「贋作」とは少しちがう。

 

絨毯の黒糸の部分だけをハサミで切って、アンティークに見せかける、

太陽に晒したり、化学薬品につけて、色合いをソフトにする、

回転式のカゴでこねくり回して手触りを柔らかくする、などだ。

ちなみに「絨毯を道路に広げて車に轢かせる」という話があるが本当だろうか。

この方法では力が強すぎるし、絨毯の一部だけが傷む可能性が高いと思うのだが、、、

 

これは新しいものを古く見せるための細工だが、

主に現地業者のテクニックで、ターゲットは観光客だろう。

 

日本では、新しいキリムや絨毯を古く見せかけた商品はあまり流通していないと思う。

アンティーク絨毯に価値を認める日本人が少ないことの証かもしれない。

 

(トルコではオールドキリムの強い色を太陽に晒してソフトにするのは普通のことで

「古く見せかけるため」ではないと思う)

 

日本ではやはり、間違った情報が多いこと、

それから価格の問題があると思う。

 

古い絨毯は「定価」がないので、買う方がその値段で買うといえば問題はない。

わたしも人から見たら「あんなボロ切れによくお金を出すなあ」と思われているはずだ。

 

それでもある程度の相場みたいなものはあるので、

あまりにも高い値段で売っている業者さんはどうなのかなぁ、と思うこともある。

 

 

 

 

2019.09.08 Sunday

20. 「絨毯の裏を見ろ」ってどういうこと?

 

 

 

絨毯についてネットで調べていると、よく「絨毯の裏を見なさい」というアドバイスがあった。

でも具体的にどこを見れば良いのかを書いてあるものは少なくて、

よく分からないままに絨毯を裏返しつづけて、自分なりに分かったことを書きたい。

 

* * *

 

<新品の絨毯も古い絨毯にも言えること>

 

・その絨毯が手織りなのか機械織りなのかが分かる。

ただしビギナーは、実際にはすぐにはわからないのが困ったところ。

 

・織り技術がどのくらい正確であるかが分かる。

裏側を見ても、表と同じくらい、柄がくっきりと見えるものが良いと言われている。

このような絨毯は、裏から見ても緯糸がほとんど見えない。

 

・単位面積当たりのノット数が分かる。

 

・デプレスが効いているか(ダブルウェフト)=織りの構造が「二階建て」になっているか、

効いていないか(シングルウェフト)=織りの構造が「一階建て」かが分かる。

通行の多い場所で使う場合は、一般的にダブルウェフトの方が丈夫で長持ちする。

絨毯の耐久性に関わることなので、

この点を理解されていない業者さんがいまだに多いのは、とても残念である。

 

シングルウェフトなのにダブルウェフトの数え方をすると、ノット数は実際の二倍になる。

業者さんに悪意はないと思うけれど、購入する人に誤った情報を伝えていることになる。

 

 

<オールドやアンティーク絨毯の場合>

 

・傷んだ部分の修復をしてある場合、裏側の方が修復を見つけやすい。

 

・どれくらい古いかを判断する上で、表よりも裏の方に経年劣化が現れやすい。

 

・表は色褪せているのに、裏にはっきり色が残っている場合は、化学染料の可能性が高い。

 

・緯糸が何本入っているかなど絨毯の構造から、部族や産地につながるヒントがある。

 

 

(まだたくさんあると思うけれど、にわかに思いつくのはこれくらい、、、)

 

* * *

 

さて、絨毯の裏側も大切だけれど、個人的には「経糸」がとても気になる。

 

絨毯は、経糸と緯糸とパイル糸とセルベッジ(耳)で出来ている。

それぞれの機能があるため、同じ糸を使うのではなく、たいてい異なった糸を使うのだが、

経糸のクオリティは、絨毯全体のクオリティと比例すると考えている。

 

良い経糸を使っている絨毯は、たいてい良い絨毯だ。

このことはすべての絨毯に共通すると思うが、

個人的には、特にトルクメン絨毯を見るときに「フリンジ=経糸」チェックは欠かせない。

フリンジによって、おおよその時代も推定する。

 

・・・またオタクな内容になってしまっているけれど、

アフガン絨毯5枚のフリンジと絨毯の裏側の写真をアップします。

 

 

IMG_0923.jpg

 

IMG_0924.jpg

 

絨毯1

 

オフホワイトの経糸。少しパサパサしている。

緩くデプレスがかかっている。(「1.5階建て」?)

そのため内部に隠れる部分の結び目が半分くらい見えている。

 

裏側の写真の左上、文様がつぶれている部分がある。

サブボーダーの文様もよく見ると突っ込みどころがある(笑)。

織り目も少しボコボコしている。

 

ちなみにアフガン絨毯の「黒」は、基本的に化学染料といわれている。

 

IMG_0925.jpg

 

IMG_0926.jpg

 

絨毯2

ベージュみたいに写っているが、実際は薄グレーの経糸。

デプレスが効いていて、織りが「二階建て」になっている。

文様も几帳面に織り込まれている。

 

IMG_0927.jpg

 

IMG_0928.jpg

 

絨毯3

ベージュ色の艶やかな経糸。

写真ではよく見えないが、デプレスは「二階建て」まで行かず「1.7階建て」くらい?

他の絨毯よりも結び目が盛り上がって見えるのは、経糸とパイル糸が太いせいだと思う。

 

この絨毯は野暮ったいところもあるが、どっしりした手触りの良いウール、

パイルの力強い打ち込みなど「ああ、アフガン絨毯!」といとしく思えるピースだ。

 

IMG_0929.jpg

 

IMG_0930.jpg

 

絨毯4

今回の絨毯の中で一番艶のあるベージュの経糸。

裏側の織りも完璧なまでに整っている二階建て。

 

IMG_0931.jpg

 

 

絨毯5

 

5枚の中で一番古く、唯一デプレスが効いていないタイプ。

ノットの結び目を見ると「つぶつぶが二つでセット」になっている。

 

キリムエンドが結構長いことも、あるいは年代判定の一つの基準になるかもしれない。

裏側がくたびれた感じも、上の4枚よりずいぶん古いものだという印象を受ける。

経糸は薄いベージュで、脂分は少なめだがシャキッとしたウール。

 

裏側の明るめのオレンジは色むらが不自然で、おそらく化学染料だと思う。

ただ落ち着いた茶色を見ていると心が安らぎ、すべすべのウールに触れると身体が癒されるような気持になる。

 

* * *

 

あまりまとまらない内容になってしまったが、絨毯の裏側と経糸について考えた。

 

これらすべてはカラクル羊など、アフガニスタン固有の羊のウールだと思う。

いま各地の絨毯産地で使われているウールのほとんどは、

オーストラリアやニュージーランドのメリノ種と聞く。

 

実用品としての品質面では申し分ないのだろうけれど、

土地固有のウールが無くなっていくことには寂しさも覚える。

 

 

2019.09.05 Thursday

19. 松島きよえさんのこと

 

バルーチのソフレで、真の意味でのトライバルラグに触れたわたしだったが、

いま振り返ってみると、結局自分はディープなところへは行けなかった。

 

数だけは集めてしまったため、ギャラリーオアシスでの絨毯展などで、

たまに「コレクター」などと言われることがあるが、

「それはやめて〜!」と言いたくなる。

 

絨毯にハマってから、ユニークな活動されている方に会う機会が多くなった。

キリムや絨毯を織られている方、ユーラシアの国々に一人旅をされる方、

さまざまな民族の手仕事を追いかけて現地に行き、その土地の人々と交流するなかで収集される方。

国内でもアクティブに独自の活動をされている方がたくさんいる。

 

わたしはそのいずれの経験もなく、ただ「ポチッとな」をしているだけなのだ。

たまたまインターネットが普及し、決済手続きも便利になり、

21世紀はじめ、ネット上で大量のトライバルラグが売り買いされた時期に出くわしただけ。

 

しかも「部族絨毯」というジャンルに関しては、ディープなところまで行けなかった。

自分の集めたものをふり返ると、村の絨毯や薄手のキリムがむしろ多いし、

バルーチのピースも、気候条件の厳しいバルチスタンではなく、住みやすいホラサン地方のものが多い。

 

ディープな部族絨毯コレクターは、テントバンドやラクダ飾りなど、

部族社会特有の機能を持つ品々に惹かれるようだ。

けれどわたしは、そこまでのめりこめなかった。

塩袋は欲しかったけれど、集めはじめた時期が遅かったので、これというピースには出会えずじまいである。

 

* * *

 

本当の意味で部族絨毯を蒐集した「遊牧民研究家」と呼べる人といえば、

まず思い浮かぶのが松島きよえさんである。

 

IMG_0917.jpg

 

1922年に秋田県に生まれ、上京して創作舞踊を学び、スタジオを開設して多くの子女を育成した。

その後、WHOの医務官である夫君と結婚して赴任先に同行され、

ジュネーブ、メキシコ、東パキスタン、イラク、インド、ナイジェリア、フィリピンなどに滞在。

とりわけ中近東とインダス川流域の遊牧民に心惹かれ、現地を訪れた。

 

帰国の度に、精力的に講演や執筆活動を行い、

1985年に渋谷の松濤美術館で「中近東遊牧民の染織」という特別展を開催。

さらなる展示や、コレクションを本にまとめる計画があるなか、

1992年にインドを旅行中、バス事故に遭われて逝去される。

 

IMG_0916.jpg

 

左が松濤美術館のカタログ、右が1997年文化学園服飾博物館での展覧会カタログである。

ここから松島さんの蒐集されたものや活動の一端を紹介したい。

現地の写真は松島さん自らが撮影されたものだ。

 

IMG_0921.jpg

 

パンを焼くブロイ族の女性ーーバルチスタンーー

 

以下はバルチスタン地方を訪ねての「ソフレ」に関する松島さんご本人の文章。

下の写真の「 」内の説明文も松島さんによるものである。

 

食事用布を開くとき

 遊牧民の暮しは、実に慌しい。女たちは、毎朝早くパンを焼いて、パン包みーソフラ ド チンーに包む。この毛織のパン包みは、パンを保温し、乾燥を防ぎ、熱気を断ち通風をよくする。食事時には、パン包みは広げられて、それが食事用の織布になる。約1メートルの四角布は、デザインが他に比べて格式ばって見える。

 遊牧民の暮しの中には、食べることを神聖な行為であるとみなす意図があるように見える。

 時計の無い暮しにおいて、食事は一日の時間に節目をつける役を果している。食事布は”大きければ大きいほど、権力を示す”と伝えられてもいる。「ハザラ族、パシュトゥー族は縞布を食事布ーダスタルカーワンーにする。」

 婚礼用儀式に使用する食事布は、矩形で中央部に、ラクダの毛が織入れてある。(下の写真)

 

IMG_0922.jpg

食事用布  バルチ族 イラン

綴織、紋織

経糸:羊毛  緯糸:羊毛

74 × 141cm

 

IMG_0920.jpg

 

<写真上>

糸を紡ぐバルチ族の女性

「原毛を腕に巻きつけ少しずつ引出し、スピンドルを落とし回しながら撚りを掛け紡いでいく。」

 

<写真下>

水平機を織るバルチ族またはブラフイ族の女性

「部族社会では衣装や織物の良し悪しで部族の勢力を計る風習があり、

織物上手の女は族長の妻の座を勝得た。」

 

松島さんはスケッチも上手で、遊牧民の暮しを生き生きと活写されている。

 

IMG_0919.jpg

 

ブラフイ族のテントの様子

<写真上>

チャイ(茶)を飲む主人、パンを焼き、子守をし、機を織る女、糸紡ぎを手伝う子供が描かれている。

 

<写真下>

整然と積重ねた寝具等のキルトには美しいカバーが掛けられ、屋根を支える梁からは

ラクダの首飾りや腹帯、アンチモニー入れ等が下げられている。

 

* * *

 

厳しい自然環境にある現地を実際に訪れ、人びとと交流し、

かれらを理解しようとするなかで、その手仕事や生き方に敬意を抱き、

それを日本に紹介した松原きよえさん。

 

展覧会のカタログをめくりながら、その大きな存在をあらためて仰いでいる。

 

2019.09.02 Monday

18. 「踏んではいけない」にもタイプがあった


前回「バルーチのソフレを踏んではいけない」って書いたけれども、
思えば「わたしの絨毯遍歴」シリーズで、何度も「踏めなかった」ことを書いている。
やれ、クムシルクの絨毯が踏めなかった、だの
ギャッベですら未使用だった、だの、
「アンタ、そんなに絨毯集めて、使わなかったら意味ないじゃないの」と言われそうである。

ふむ、なるほど。
そこで今回は、バルーチのソフレが「わたしの絨毯遍歴」の一つの転換点だったことを書いてみたい。

* * *

いわゆる「部族絨毯」"Tribal rug" にのめり込んでいくうちに、
本当に遊牧生活で使うために織られたものと、そうでないものがあることに気がついた。

近年の、観光客の土産物として織られた部族絨毯風の毛織物はもちろんだが、
古いものでも「売るために織られたのではないか」と思われるものがけっこうある。

自分が集めたものはバルーチ(タイプ)の絨毯が多いのだが、
そのなかには「遊牧生活のための絨毯ではないのでは」と思えるものも多い。

祈祷用絨毯も例外ではなく、
自分たちが使うためではなくて別のムスリムに売るために織られたのではないだろうか、
と思えるピースもある。

けれど、このバルーチのソフレは明らかに遊牧生活で使うために織られ、
実際に使われた痕跡をとどめている。


写真左上に補修跡

・使われているウールは、丈夫だが、やや脂が少なく、
おそらく自分たちが飼っていた羊のもののように思える。

・茜などの染色も、自分たちで染めたような素朴な色合いである。
(アンティークの鮮やかな天然染料はプロの染物師によるものだと、私は考えている)



・比較的大きな補修跡が見られるが、自分たちが補修したのではなく、
なんらかの理由で、使われていたソフレが売られ、現地業者が補修したような印象だ

このようなことから、遊牧民が自家用に使うために、
羊の飼育から織り上げるまでの、ほぼ全工程を担った
ピースではないかと考えている。

あくまでも推測ではあるが、これまで部族絨毯と接してきた経験から得た自分なりの考えである。



* * *

「踏んではいけない」のタイプの話に戻ると、
売るために織られた新しい絨毯は人生を歩みはじめたばかりで、ある意味で白紙状態だ。

私がクムシルク絨毯を踏めなかったのは、
踏んでしまうとシルクも変化を受けるし、汚れがつくかもしれない。
商品価値が損なわれるのは「もったいない」からだったと思う。

一方このバルーチのソフラは、自分の経験と歴史を背負っている
実際にアフガニスタンの大地と空と水のなかから生まれ、
日々の糧を準備するために、遊牧民のおっかさんの欠くべからざる相棒として働いた。
厳しい自然環境のなかで生き、危険な目にあったかもしれない。
なんらかの理由で、おっかさんとは別れてしまって、
絨毯屋が補修職人に頼んで補修され、
思いもかけなかったことに日本人の絨毯屋さんの手に渡り、
そいでもって千葉県の我が家にやってきたのである。

これを手にしたわたしはどうかというと、
このソフレの経験と歴史にははるかに及ばない、チャチい生き方しかしてこなかった。

力関係は、わたしよりソフラが圧倒的に上なのだ!

「日々の糧を得るため」のソフラだから踏めない、というのもモチロンだが、
このように考えてくると、
ソフラが「なめんじゃねーよ!」とわたしを威嚇していたのである。

「(オメーごときに)踏まれてたまるか!」

ソフラは声ならぬその存在感で、わたしの足を跳ね返していたのである。

 
2019.09.01 Sunday

17. 「バルーチのソフレを踏んではいけない」


はじめてオールド絨毯を買ったA店では、様々な絨毯、キリム、布類を扱っていた。
30年から40年くらいのオールドのものが中心で、何点かがアンティーク。
オープン当初は男性がオーナーだったせいか、品揃えも女性店主の店とは少しタイプが異なっていた。
落ち着いて渋い印象の絨毯やキリムは、それまで他で見たことがなく、
「へえ、こんな絨毯があるんだな」と新鮮だった。

アフガニスタン、イラン、トルコ、ウズベキスタンのさまざまな民族の織物。
部族絨毯ビギナーの私には、地名・部族名・技法用語・アイテム名などがごっちゃになって
何が何だかわからなかったが、逆にそこに好奇心をそそられたのかもしれない。

IMG_0914.jpgIMG_0915.jpg

『キリムのある素敵な暮らし』より

いくつかの国のなかで、一番印象深かったのがアフガニスタンである。
トルクメンの他に、バルーチ、ハザラ、ウズベク、アイマックなどたくさんのエスニックグループが住み、
それぞれ独特な絨毯やキリムを織っている。

アフガニスタンの毛織物の醍醐味は、やはり「ずっしりした手応えのウールと大地の色」ではないか。
バルーチの「ソフレ(ソフラ)」と呼ばれる食卓布を手にしたとき、
それを織った人や、どんな土地で使われたのか、が知りたくなった。
ギャッベのときは、こんな気持ちにはならなかった。

あとで自分なりに調べるなかで、
遊牧で移動生活をしているため、驚くほど簡易な織り機を使っていること、
織り機の幅が狭いので、同じものを二枚織って、後からはぎ合わせて完成させること、
けれど食卓を彩るために、複雑な織り技法を駆使して、見事な作品に仕上げること、
織るまえには、羊毛を刈り、梳り、撚って糸にし、色を染めるという大変な手間がかかっていること、
このようなことを知りはじめるに付け、つくった人への畏敬の念が湧いてきた。

2010_1111_174036-CIMG0975.JPG

ソフラには、このような正方形のものと長方形のものがあって、
長方形は主に食事ができあがった後のテーブルクロスの役目を持つが、
正方形はナン(パン)を作る際にも使われるという。
いずれにしても、日々の糧をいただくためのキリムである。
(食卓布、テーブルクロスと書いたが、現地では床にそのまま敷いてその上に皿を並べる)

だからわたしは、ソフレを足で踏む気にはなれなかった。
のちに祈祷用絨毯を手に入れるようになってからも、
その上に立ってもいいが、横切ったりしてはいけないと、なんだか本能的に感じた。

* * *

このようにして、わたしと部族絨毯との会話ははじまったのである。
 
2019.08.29 Thursday

16. アフガニスタンのトルクメン絨毯について


これまでイラン、パキスタン、トルクメニスタンにおける
トルクメン(デザイン)絨毯についてちょこっと書いてきた。

イランでは、ヨムートもテッケ・ギュルの絨毯を織るようになったこと。
パキスタンでは、トルクメン族ではないのにトルクメンデザインの絨毯を織ること。
この点さえ押さえておけば、自分自身のギモンはなんとなく解決できた気になった。

ところがアフガニスタンにおけるトルクメン絨毯は、二冊の本を読んでもいまだによく解らない。

IMG_0892.jpg

そうはいっても、アフガン・トルクメン絨毯について、ここでひとこと書かねばならないと思うので
左側の"THE TURKOMAN CARPET"を参考に、頭の中を整理してみたいと思う。

* * *

まず、アンティークのトルクメン絨毯を語る際には
サロール、テッケ、ヨムート、サリーク、チョドール、エルサリ、、、
といった支族名で絨毯を分類することが(少なくても欧米のコレクター間においては)できた。

IMG_0894.jpg

ところが19世紀から部族社会の解体が進み、
ロシア革命などを契機とする、大量のトルクメングループの移動があったため、
アフガニスタンのオールド絨毯にあっては、単純に支族名で分類することができなくなったのである。

ソビエト政権の樹立により1924年に「民族・共和国境界確定」が行われる前は、
トルクメニスタン、イラン、アフガニスタンといった国民国家による境界はなかったが、
現アフガニスタン領域に、一番古く17世紀末頃から住んでいたのはエルサリ支族だった。

IMG_0893.jpg
エルサリの古い絨毯

ところが「エルサリ」というのは"自称"ではなく(欧米人が勝手に名付けたという説もある)
「ダリ」「カザン」「チャーケシュ」「サルティーク」、、、といったサブトライブ名で自己認識をしているようだ。
(これがまた絨毯の分類にも使われているらしく、私にはまだまだよく解らない)

IMG_0898.jpg

エルサリが4つのグループに枝分かれして、それがさらに枝分かれしている
ちなみにゴチック体は絨毯を織らないグループ
絨毯を織らないトルクメンもたくさんいる

エルサリの後は、サリーク支族サロール支族が1880年頃にアフガン領域に移ってきたという。
その後は、テッケ支族が1930年代ごろからアフガン領域へと亡命してきた。

* * *

アフガニスタン領域内では古くからエルサリを中心に絨毯が織られてきたが、
絨毯産業が起こったのは、移動してきたテッケが生計を立てる手段として絨毯を織りはじめたからと言われている。

イランとパキスタンの例を見ても、テッケギュルの絨毯に人気があってよく売れたのだと思う。
アフガンでも様々なデザインのトルクメン絨毯が織られたが、やはりテッケギュルのデザインが優勢になった。

しかしアフガンでも、テッケギュルデザインの絨毯を織るのはテッケだけではなく、
アフガントルクメンのマジョリティーであるエルサリも織っている、
ということが上の本に書いてあった。

従ってアフガンでは、「テッケ絨毯」という名称は正確ではなく、
むしろ"Mauri"絨毯という名称がふさわしいという。
"Mauri" はテッケの拠点であった "Merv" が語源であるらしい。
「マウリ」絨毯は「高品質で織りの細かいもの」という意味を持つらしく、
テッケギュルだけでなく他のデザインの絨毯も含まれる。

IMG_0895.jpg

さまざまな「マウリ絨毯」

* * *

私が手に入れたアフガンのトルクメン絨毯は、ウールの質も打ち込みも良いものばかりだったが
実際に流通しているものは、かなり品質にバラツキがあるようだ。
以前、ギャッベの記事で販売員が「死んだ羊の毛を使っている」という話があったが、
残念ながら、ウールの質や染色、打ち込みなど、品質はピンキリのようである。

ピンキリなのは、イランでもトルコでもパキスタンでもそうなのだろうが、
そこでは政府や絨毯ビジネスからの、品質面での統制が比較的強かった、ということは言える。
だがアフガニスタンでは、政府が1977年に紡績機の使用を禁止する事態になるまで
ほとんど政府や絨毯ビジネスからの統制がなかったようなのである。

* * *

さて、近年アフガニスタンの高品質な絨毯として
「ホジャロシュナイ」や「カールモハンマディ」という絨毯が日本にも入ってきている。
これらは私がアフガン絨毯を買った2008年頃には聞かれなかった。

「カールモハンマディ」は、まだよくわからないのだが、
「ホジャロシュナイ」は、洗練されたデザインと落ち着いた色、織り技術の高さなどで
日本の一般家庭の調度品としても好適な絨毯のようである。

プロダクトとして優秀なこれらの絨毯のルーツがどこにあるのか、ずっと知りたかった。
上の本に、これらの絨毯の発祥のヒントとなる記述があったので紹介したい。

* * *

<アフガンでは「絨毯工場」がいつ頃できたのか?>

アクチャに住むエルサリ・Qara支族出身の Haq Murad は、
最初はアクチャ周辺で織られた絨毯をカブールに持って行って売り、財を築いた。

彼は当時、アフガン絨毯のデザインや技術が下降傾向にあり、
海外への売れ行きも不振がつづいていることを憂いており、
アクチャの人々の主要な収入源である絨毯産業を盛んにするため、
1967年に絨毯工場を建設した。

トルクメン絨毯は、伝統的に女性が織るものだったので、
彼も最初は女性を工場で雇おうとしたが、女性たちは家を離れることを嫌がった。
そこで近隣の青年男子と少年を工場に雇い入れ、
年配の女性を呼んで、彼らに絨毯織りの技術を教えた。

この方法は成功し、工場では常時750人の職工で絨毯を生産するようになったが、
絨毯織りの技術を習得した青少年は4000人に上った。
そこで、工場に来なくても彼らが覚えた技術を頼りに、各家庭で女性の協力も得て絨毯を織ってもらった。
工場独自のデザインと色の絨毯なので、品質は一定以上のものになった。

IMG_0899.jpg

* * *

Haq Murad 氏の工場と、現在の高品質なアフガン絨毯とが直接の関係があるのかは不明だが、
統制されたデザインと色と技術の絨毯のコンセプトは、ここから来ているのではないかと思った。

 
2019.08.25 Sunday

15. はじめてのアフガニスタン絨毯


2008年早春のことだったと思う。

はじめてアフガニスタンのオールド絨毯を手にしたわたしは、
ギャッベの小市民的な可愛さとは違う、
キリムの軽快な歌声とも違う、
ずっしりと重厚な手応えと、臓腑に響いてくるような深い茜色にシビレていた。


(写真は後日購入した畳サイズの絨毯)

「ずっしり」といっても大体40cm×60cmくらいのマットサイズの絨毯だ。
いま思えば、一般的なプレイヤーラグよりは小さいし、
たぶん実際の遊牧生活に使うものではなく、
観光客への土産物として売るために織られた絨毯だったかもしれない。
また一部に使われた緑色は、いま思えば化学染料だった。

それでも当時のわたしには迫力十分だった。
使われているウールは、アフガニスタン固有の羊から。
染められた赤は、大地に深く根を張った茜から。

一定期間使われたであろう絨毯は、糸表面の毛羽が取れて艶やかに光っている。
オールドキリムの糸もそういう意味では同じだが、
絨毯の場合はパイルが密集しているので、より重厚感がある。

。。。「ナニコレ」。。。



当時開店ホヤホヤだった奈良のネットショップのA店で買ったものだった。

ギャッベで物欲に火がつき、
オールドキリムで別の物欲に火がつき、
オールド絨毯でまた別の物欲に火がついた。

デザートを食べるとき、お腹いっぱいでも「これは別腹だから」というが、
物欲も、脳ミソのA点を刺激するものと
B点C点、、、を刺激するものと、いっぱいあるんじゃないだろうか。

というわけで、懲りないヤツのわたくしめ、
そのお店でマットサイズのアフガニスタン絨毯を続けて3枚も買ってしまった。
似たような感じの、しかしそれぞれ個性がある、茜を基調としたアフガントルクメンの絨毯。



大きさ的には大したことないので、
夜は電気の光の下で眺め、手でナデナデしてから、布団の横に絨毯を置いて眠った。
朝起きると、わたしの横には、朝の光を浴びる絨毯があった。
そしてまた、手を伸ばしてナデナデするのである。
夫なんか、どうでもいいのである。
大事な大事なペットのような絨毯たち。

ところが困ったことがハッケンされた。
茜色がビミョーに一枚一枚違うじゃないの!
ウールの質もビミョーに一枚一枚違うじゃないの!

脳ミソのD点が新たに刺激されてしまったのである。

 
2019.08.20 Tuesday

14. 掲示板「自慢のキリムについてオオイに語って下さい」


キリムについてネットで調べているうちに、
キリムに関する某掲示板を見つけたのは2007年頃だっただろうか。
「自慢のキリムについてオオイに語って下さい」というスレッドの内容は
キリムビギナーのわたしにとって新鮮だった。

2002年2月24日にスレッドが立てられて、その年は211件の投稿があった。
たしかにその頃は「キリムブーム」だったんだな、と思わせる内容がたくさんある。
人気のネットショップがあって、
「キリムが2枚アップされるや15分で売れてしまった。みんな集団催眠にかかっているみたい」という声や
いつも狙っているのにすぐ売れてしまうのでなかなか買えない、という話など。

2003年はまだまだ投稿数も多くて57件、
2004年は38件、2005年は59件と投稿が続き、
その後は年に10数件と減っていく。

人気の店も売れ残りが出るようになった、とか、
キリムブームは終わってしまった、といった声もちらほら聞かれるが、
投稿はしなくてもウォッチする人たちが一定いて、掲示板はなかなか落ちなかったようだ。

* * *

7年前にプリントアウトしておいたものを改めて読むと、
2002年頃は、新しく織られた「ニューキリム」がけっこう売れていたようである。
当時はデニズリ、ウシャック、カイセリなどの、ポップな感じのキリムが人気だったようだし、
イズミールでもベッサラビアキリムのコピーが「ペーパーキリム」として織られていた。
変り種としては「蝶々や鳥を描いたシルクを使ったキリム」があって、
たぶんこれはシャーセバンのスマックのコピー商品だと思う。





『キリムのある部屋』より、ウシャクとデニズリのニューキリム



『キリムのある素敵な暮らし』より カイセリのニューキリム4枚
右はイランのグーチャンのもの

* * *

読んでいて面白かったのは、次のような内容。

<使い勝手について>

・ホコリやダニは大丈夫か
・ホットカーペットの上に敷けるか
・ウールのチクチク感がイヤだ
・ウールの匂いが苦手

<インテリアについて>

・キリム一枚で部屋の雰囲気をガラッと変えることができる
・オールドもいいが、部屋に合わせるのは難しい。「ドンゴロスのようだった」

<ネットの画像を頼りに購入することについて>

・業者によっては写真が不鮮明なので、買うのを躊躇してしまう
・(上の投稿に対して)自分はそこで買ったけれど、実物はなかなか良かった

・ネットで買って、画像と実物のイメージが違ってガッカリ
・自分は返品可能な店か、実際に店舗に行ってから買う
・オールドキリムでなければ、画像で大体イメージできる
(=オールドはイメージしにくい、とも読める)

<購入における区分・お店の信頼度など>

・新しいキリムよりオールドは高価だが、そんなに違いがあるのか
・草木染めと化学染料では値段にずいぶん開きがあるが、そんなに違うのか
・「機械織り」ってよくないの?
・価格が高めの店とリーズナブルな店がある
・同じ店で、ネット販売と店頭販売で価格が違う

・キリムの鑑定書、品質保証書は出るのか
・オールドの年数は信頼できるか、サバを読んでいる店もある
・「草木染め」ということで買ったが、どうも違うようだ

<その他>

・キリムによっては猫が異常に反応する
・スリット織りを見た母が「穴が空いているから買うのはやめなさい」と言った
(話題の多くはトルコのものだが)
・アフガンキリムは落ち着いていて良い。土の香り、素朴な風合い、趣がある

・ニューよりオールドが良い。ただし草木染めに限る。
・オールドの楽しみは「キリムが見てきた歴史に思いを馳せる」

などなど、、、
このほかにも面白い話題があるが、それはまた日を改めて、、、

 
2019.08.18 Sunday

13.「新しい価値観」とは何ぞや


前回のオールドキリムの袋を手にしたとき、わたしは
天然染料と化学染料のちがいも分からなければ、
紡績糸と手撚り糸のちがいも分かっていなかった。

ただオールドキリムのウールは、衣類や毛布に使われている羊毛と、まったく質が違うことが感じられた。
デザインで言えば、袋の表面の幾何学模様は、新鮮でモダンな感じがしたし、
裏面の、原毛そのままの茶色の濃淡を活かした抽象画のような模様はアートのようだと思った。



糸質
幾何学模様
無名の作者によるアート



これらの要素が、後日わたしを「新しい世界」に導いてくれることになるのである。

それは実物を手にして味わう直感的な作業のほかに、
本から得られた知識の両方によって形づくられていく。

そのうちに、色へのこだわりが出来てきて
年代のより古いキリムや絨毯に優品が多いことがわかると、
オールドからアンティークの世界へ引き込まれていったのである。

Powered by
30days Album