ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SUN SUN SUN ! 絨毯のお手入れ | main | Michael Craycraft was a great guy. >>
2015.05.08 Friday

天然染料は褪色しにくいか? 一枚のコーカサス・ラグ



前回、湿気を飛ばすために絨毯を陽に当てる記事を書いたけれど、

化学染料が使われている場合は注意が必要です。



織られて100年以下の「オールド」絨毯やキリムには化学染料が使われているものが多いのですが、

特に初期のアニリン染料は、水流れ&褪色が激しいという欠点を持っていました。

改良されたクロム系化学染料は、それらの欠点がずいぶん改良はされたものの、

赤系統の色には、やはり褪色しやすいものが多いようなので、

褪色を避けるためには、表裏それぞれ15分程度にとどめたほうが良いかもしれません。

(100年以上のアンティークでさえ、化学染料が使われたものもけっこうありますので、気をつけて下さい)



* * *



さて、「天然染料は褪色しにくいか?」という問い、

「たいていの場合はイエス」と私は考えていますが、例外もあるようです。



化学染料は陽に当たると、比較的短期のうちに褪色するものが多いのにたいして、

天然染料で染められた絨毯やキリムは褪色するスピードが非常に遅く、100年以上たっても色鮮やかなものが多いです。

「褪色」という言葉よりは、むしろ「熟成による色の変化」とでも表現した方がふさわしい、美しい色になるのです。



ただし天然染料のなかには褪色しやすいものもあります。

天然染料について考察したハロルド・ボーマー氏の『キョクボヤ』という本には、

さまざまな天然染料を使った染色実験をおこなった結果、

褪色しやすい天然染料もある、ということが述べられています。

日本人には馴染みの深いベニバナも褪色しやすい染料だと書かれているのには少し驚きました。



そこで今回は、「褪色しやすい天然染料」が使われた絨毯をご紹介しましょう。



P5083223.jpg



コーカサス絨毯。さらに具体的な地域については不明アセアセ

大きさ:約142✖️106cm

織られた年代:推定19世紀末〜20世紀初め



P5083229.JPG



タテ糸:ウール3本撚り(色はこげ茶・薄茶・アイボリーなどさまざま)



P5083230.JPG



セルベッジ:コットン



P5083246.JPG



ヨコ糸:コットンの部分が多いが、真ん中あたりはこげ茶のウールも使われている。

写真はコットンが使われた部分。本数は2本(1往復)。



P5083243.JPG



ヨコ糸に茶色のウールが使われている部分。



P5083225.JPG



カラーパレット:

アイボリー、茶、こげ茶(たぶん羊の原毛)

緑(インディゴと黄色の二度染め)

青、紺、ブルーグリーン(インディゴ由来)

山吹色、枇杷色、ローズ色



P5083224.JPG



個人的な見立てではすべて天然染料だと思いますが、

山吹色と枇杷色の部分が特に褪色して、ぼんやりした黄土色のように見えます。

一方、わずかに使われたローズ色の部分は、よく残っています。



P5083226.JPG



表部分は褪色した色があるため、ちょっとぼんやりした印象ですが、

コンポジションはすばらしい!



P5083227.JPG



「村の絨毯」の美質である伸びやかさ・自由さ。



P5083228.JPG



内側ボーダー部分のお花たちの可愛いこと!

中間のボーダーは力強い幾何学模様が緊張感をたもち、

外側ボーダーの四角モチーフが心地よいリズムを奏でています。



P5083231.JPG



絨毯の裏側は天然染料がよく残っていて、

黄金色や優しい桃色など、キレイな色がいっぱい!



P5083232.JPG



裏側。

織られた当時は、表側も鮮やかだったんでしょうね〜



P5083233.JPG



夢のあるモチーフがいっぱい‥‥



P5083234.JPG



インディゴでも青、紺、ブルーグリーンの三つの色が。



P5083235.JPG



デプレスなしのフラットな織りで、

ノット数は、10cm四方で縦30目横32目くらいです。



P5083236.JPG



大部分のヨコ糸にコットンが使われているので、

手に持った感じはしっかりとしています。(くにゃくにゃしない)



P5083237.JPG



ヨコ糸に茶色のウールが使われている部分ですが、

特質が違うヨコ糸をとりまぜて織るのって、技術的に難しくなかったのかな?



でもたぶん、これを織った人はとても上手な人だと思います。



P5083238.JPG



村の絨毯や部族絨毯は基本的に「方眼紙」を使いません。

せいぜい「ワギレ」と呼ばれる織り見本を見るくらい。



考えてもみて! 頭のなかに全体像のイメージを浮かべながら織るんですよ!

コレ、スゴくない??? エリザベスエリザベスエリザベス



P5083240.JPG



少なくとも私にはどう頑張ってもできません。 kyu



P5083242.JPG



目も覚めるような黄金色!

裏はこんなにキレイなのに、表が褪色しちゃったのが残念〜



P5083246.JPG



モチーフの並べ方がこんなにカワイイのは、天性のセンスでしょうか。



P5083248.JPG



表は褪色しちゃったけれど、それでもなおかつ美しい、村の絨毯です。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album