ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 追悼 | main | 落ち葉の絨毯 >>
2016.11.09 Wednesday

トルコ東部クルド族の寝具

日本で流通しているトルコ絨毯は、工房の絨毯がほとんどで、たまに村の絨毯も見かけるけれど、これは遊牧生活を彷彿させるワイルドな絨毯だ。



かなり個性が強いので、好き嫌いが分かれると思う。



日本でも市民権を得たギャッベは、もともとは南西ペルシャ遊牧民の寝具だった。
それを商品化する過程で、ギャッベはタテヨコに折り畳むことのできない、基礎が硬い織りに変化したが、本来の遊牧民の寝具はこのように折り畳むことができる。

ご覧のようにパイルが長い。



最初パイルを眺めたとき「なんか他の絨毯と違うな」と思ったのだが、よく見るとパイル糸が双糸なのだ。二本の糸を縒ってある。
普通絨毯のパイル糸は縒っていない単糸なので、これを見つけたときは嬉しかった。



わかりにくい写真ですが、見えますでしょうか?



茶色の糸が摩耗しているので、ある程度古いものだと思うが、一部化学染料が使われている。



これは紫の化学染料で、表面は退色して白っぽくなっているが、根元に紫が残っている。



裏を見ると、紫がよくわかる。
ヨコ糸にはこげ茶色の糸。これは折り畳みやすいように、ヨコ糸が4本から8本とたくさん通してある。



フリンジがでているキリムエンドの赤い糸もケミカルっぽい。化学染料だとフリンジに色移りしやすいようだ。



それでもこの絨毯が好きなのは「爆発する生命力」!
いかにも逞しいクルド族の手によるものである。

このボーダーの自由な線も大好きだ〜〜!



この絨毯から生命力をお裾分けしてもらって、きょうもがんばろう〜〜!

コメント
パワーありそうですね。
裏側もいいですねー。
これで寝たらすごい夢見れそうです!
  • kg
  • 2016.11.17 Thursday 22:19
そういえば60年代後半から70年代にかけて「サイケデリック」が流行しましたね。
この絨毯、「サイケデリック・クイーン」という感じでしょうか? ^^;
  • ぷぎー
  • 2016.11.18 Friday 06:00
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album