ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 絨毯好きのつどい2016ーラグと音楽と撮影とー | main | 空は青いぞ >>
2016.12.29 Thursday

TREATY by Leonard Cohen

 

2016年が終わろうとしている。

 

それぞれにとって、どんな一年だっただろうか。

 

* * *

 

1998年に詩人の田村隆一が亡くなったとき、

朝日新聞を見て驚いた。

 

長身でダンディな田村隆一が15段広告のぶちぬきで真ん中に写り、

 

「じゃあ みなさん

これから いろいろ 大変だろうけど

お先に失礼します」

 

と書かれていた。(勝手にリンク

 

* * *

 

今年のノーベル文学賞がボブ・ディランに決まっていろいろ騒がしかったが、

米大統領選に沸く真っただ中の11月7日、

優れた詩人でシンガーソングライターのレナード・コーエンが静かに息を引き取った。

 

「じゃあ みなさん

これから いろいろ 大変だろうけど

お先に失礼します」

 

田村隆一のときよりも、ずっとこの言葉がこたえる。

 

* * *

 

 

最後のアルバムになった "YOU WANT IT DARKER"。

レナード・コーエンの遺書というにふさわしい。

 

ジャケットの写真なんか、泣けるね。

 

彼の身体は、すでに窓の向こう=彼岸に行っちゃっていて、

片手だけが此岸が残っている。

サングラスに映るこちらがわの風景は、どんなふうに見えたのだろう。

 

* * *

 

 

"You Want It Darker"

 

If you are the dealer, I'm out of the game
If you are the healer, it means I'm broken and lame
If thine is the glory then mine must be the shame
You want it darker
We kill the flame

 

Magnified, sanctified, be thy holy name
Vilified, crucified, in the human frame
A million candles burning for the help that never came
You want it darker

 

Hineni, hineni
I'm ready, my lord

 

There's a lover in the story
But the story's still the same
There's a lullaby for suffering
And a paradox to blame
But it's written in the scriptures
And it's not some idle claim
You want it darker
We kill the flame

 

They're lining up the prisoners
And the guards are taking aim
I struggled with some demons
They were middle class and tame
I didn't know I had permission to murder and to maim
You want it darker
We kill the flame

 

難解でよくわからないが、「人間の業」をうたったものだろうか。

 

 

ジャケットを開くと、白い鳥が生と死のボーダーを越えようとしている。

I'm ready, my lord...

 

* * *

 

個人的にいちばん心にしみるのは、この曲 "TREATY" 。

 

I've seen you change the water into wine
I've seen you change it back to water too
I sit at your table every night
I try but I just don't get high with you

 

I wish there was a treaty we could sign
I do not care who takes this bloody hill
I'm angry and I'm tired all the time
I wish there was a treaty
I wish there was a treaty
Between your love and mine

 

They're dancing in the street, it's Jubilee
We sold ourselves for love but now we're free
I'm sorry for the ghost I made you be
Only one of us was real and that was me

 

I haven't said a word since you've been gone
That any liar couldn't say as well
I just can't believe the static coming on
You were my ground, my safe and sound
You were my aerial

 

The fields are crying out, it's Jubilee
We sold ourselves for love but now we're free
I'm sorry for the ghost I made you be
Only one of us was real and that was me

 

I heard the snake was baffled by his sin
He shed his scales to find the snake within
But born again is born without a skin
The poison enters into everything

 

And I wish there was a treaty we could sign
I do not care who takes this bloody hill
I'm angry and I'm tired all the time
I wish there was a treaty
I wish there was a treaty
Between your love and mine

 


* * *

 

レナード・コーエンよ、安らかに。
 

 

コメント
ぷぎーさんの毎年末のブログを読んでいますと、「絨毯・キリム」とは少し離れた内容で締めくくっていらっしゃいます。昨年はピート・シーガーでした。今年はレナード・コーヘン、と「うたびと」にかかわりがありました。12月9日のブログには「ラグと音楽と」と副題があるとおり、音楽ってどんな気持ちの時にも欠くことのならない存在ですね。ピートもレナードも遠いかなたに旅立ってしまいましたが、ぷぎーさんの心の中ではいつも身近なところにいることを感じました。人間の声をとおして迫ってくるものを受け入れる姿勢をいつまでも持ち続けたいと思いました。「絨毯・キリム」のお話とともに、今後もいろいろなぷぎーさんの声に耳を傾けていきたいと思います。昨年末のブログにある「希望の種がいっぱい芽を出しますように」というメッセージを大切にして新年を迎えます。お元気でご活躍ください。
  • Whyte Laydie
  • 2016.12.29 Thursday 12:45
「絨毯好きのつどい」の記事がはしゃぎ過ぎの感もあり、世の中の空気がさらに重くなっていることもあって、つい沈んだトーンになってしまいました。すみません。
英語が苦手な私が言うのはおこがましいですが、レナード・コーエンの歌詞は含意の幅が広く、読む人によって様々な解釈が可能なように思えます。
「世の中は問題だらけだけれど、前向きに生きよう」というポジティヴさを出していくピート・シーガー、「暗い闇のなかにとどまり、善悪二元論で自らを善の側に置くことをしない」レナード・コーエンは、それぞれに人を惹きつける魅力を持っていると思います。
人はときに「暗さ」に身を沈めることによって、ふたたび光の方へ向かう力を準備することができるのかもしれません、、、なーんちゃって! 

そう、希望の芽。「神樹」とよばれるどんな大木も、最初は小さな芽から育っていったことを思いながら、来年が少しでもより良き年になることを祈ります。
  • ぷぎー
  • 2016.12.29 Thursday 15:24
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album