ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 木蓮が咲いた | main | 大岡信「言葉の力」抜粋 >>
2017.03.26 Sunday

パキスタン映画「娘よ」&「裁判官の娘」と呼ばれる絨毯

 

きのうの朝、NHK FM を聴いていたらピーター・バラカンさんが映画の紹介をしていた。

「ストーリーはわりと単純なんですけど、なんといっても風景がすばらしいし、俳優の演技や音楽もいい。お薦めです」

 

アフィア・ナサニエル監督「娘よ」というパキスタン映画。

こんなにグローバル化が進んでいるのに、パキスタン映画が日本で公開されるのは初めてという。驚き!

 

P1013364.jpg

 

「遥かなるカラコルム山脈の麓。

敵対する部族長との政略結婚から10歳の娘を守るため、

母と娘の命がけの旅が始まった。

フンザの狭い路地、黄金色に輝く杏やポプラの木々の中で繰り広げられるカーチェイス。

パキスタン北部の自然を背景に、伝統的な社会に生きる人々の葛藤を描き、

多くの観客の共感を集めた作品」

(「エキプ・ド・シネマの会・会報」より)

 

神保町の岩波ホールで3月25日〜4月28日まで。

 

P1013365.jpg

 

この映画の原題は "Dukhtar" 。

「娘」という意味で邦題とおなじだが、

部族絨毯が大好きならすぐ思い浮かぶのが

"Dokhtor-e-Ghazi" (裁判官の娘)と呼ばれるプレイヤーラグ。

 

* * *

 

以下、Tribeさんのサイトより引用させていただきます。

 

 

お祈り用絨毯にこめられた思い

 

バルーチ族には絨毯にまつわる美しい物語が伝えられています。

イランとアフガニスタンの国境付近に、その地域で評判の美しい娘が住んでいました。
彼女はティムーリ族というバルーチの中の一支族の高名な裁判官の娘でした。
ある時他の支族であるバールリ族のシャーマン(祈祷師)の血を引く若者が、彼女と恋に落ちて求婚しますが、裁判官の父親は二人の間を認めず、結婚はおろか彼を村から追放し、娘は秘密の場所に監禁されてしまいます。彼女を愛していた彼はスーフィー*のあらゆる技を駆使して彼女との結婚の許しを得ようと試みます。
彼に会えない娘はひとり篭って絨毯を織り続けていましたが、その時に織られた絨毯の文様は今までに見たことのない美しい紋様でした。そしてその文様は見る者の気持ちを幸せにする不思議なモチーフでした。彼女の織った絨毯は町でも大評判になり、二人の関係に同情する者が増えて行きました。頑固な父親も終には折れて二人の縁談を認めました。

彼への思いが彼女に美しい絨毯を織らせたのでしょうか。
その後二人は幸せに暮らしたそうですが、彼女はその後23枚の絨毯を織り、二人の娘達が母親に習って織ったものを含めると70枚ほどの絨毯がドクフタレ・カジイ(裁判官の娘)と呼ばれるようになりました。

(引用ここまで)

* * *

 

P1013366.JPG

 

いまは亡き Michael Craycraft さんの本にも「裁判官の娘」と呼ばれる絨毯が4枚掲載されています。

 

P1013367.jpg

19世紀中頃 Nishapur 産

 

P1013368.jpg

19世紀末 Turbot-i-Jam 産

 

P1013369.jpg

20世紀はじめ アフガニスタン・イラン国境付近の産

 

P1013370.jpg

19世紀中頃 Farah 産

 

(地名はいずれもイラン北東部からアフガニスタン北西部にかけて)

 

わたしのところにも「裁判官の娘」の祈祷用絨毯が一枚あります。

 

2012年4月に桜をのせて遊んだ記事からもう一度。

 

20140402_1048596.jpg

 

ご覧のとおり、クタクタです。

 

20140402_1048593.jpg

 

下のボーダー部分もタテ糸が露出していますが、糸の撚りがいまだに残っているのに感動します。

 

20140402_1048597.jpg

 

フィールドの文様は、娘の願いをのせて飛ぶ鳥のようにも見えます。

 

20140402_1048591.jpg

 

気品ある絨毯。

 

20140402_1048594.jpg

 

全体像はこんな感じ。

 

* * *

 

映画の話に戻りますと「パキスタン」「部族」「結婚」など、部族絨毯好きなら見逃せないテーマ満載!

 

東京の後、他の地域でも上映される予定ですので、興味のある方はチェック!「娘よ」公式サイト

 

わたしもはやく見にいきたいな〜〜!きらきら

 

コメント
パキスタンに詳しい方々からの紹介やイスラム映画祭などで、ショーエブ・マンスール監督の「神に誓って」や「ボル(叫ぶ)」などを見たのですがいずれも感動的でした。内容が深すぎて、一度では理解できないような作品でした。今回の映画は是非とも劇場で見たいです。

バルーチ絨毯の花形ともいえる「裁判官の娘」、仰るように気品に満ち溢れていますね。トライバルラグの傑作のひとつだと思います。
絨毯と花の映像楽しませていただきました。
  • tribesakaki
  • 2017.03.27 Monday 10:13
Sakaki さま

引用を許可していただいてありがとうございました。

パキスタン映画だけに限らないと思いますが、やはりイスラム教など現地の文化・風習を知らないと深い理解はむずかしいですよね。
恥ずかしながら私はパキスタンについてほとんど知識がないのですが、「娘よ」はストーリーがはっきりしているようなので「最初の一歩」としたいと思います。映画はインパクトが強いので、そこから本を読んだりすることで世界を広げていけたらいいなー。

うちにある「裁判官の娘」はとても薄いうえに相当古いものなので、壁にかけるのさえためらわれるコンディションです。でもときどきソーっと広げて眺めるだけで、心が落ち着く絨毯です。やわらかなウールの手触り、落ち着いた色合い。祈祷用ということもあって、やはり特別な絨毯です。

「裁判官の娘」の物語が完全な事実かどうかは「神のみぞ知る」ですが、そのような「伝説を生むだけのオーラを持つ絨毯」であること、これこそがポイントなのではないでしょうか。
「実用品としての絨毯以上のなにか」が、もっとたくさんの人に伝わったらいいなと思っているのですが、なかなか難しいですね。

色合いが渋いので絨毯だけを撮影するとうまく撮れないのですが、桜をのせるときれいに撮れました。
今年の桜も楽しみです。
  • ぷぎー
  • 2017.03.27 Monday 11:17
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album