ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大岡信「言葉の力」抜粋 | main | オブジェ on kilim >>
2017.04.17 Monday

北インド古典音楽@源心庵

 

きのうは天気も良く初夏のような陽気。

絨毯好きのつどい2016」に来てくださった寺原太郎さんのコンサートに行ってきた。

 

IMG_0162.jpg

 

「絨毯好きのつどい」以来、寺原さんが主催している「世界音楽紀行」に通うようになった。

 

寺田亮平さんのトゥバ音楽を皮切りに、スウェーデン音楽、チベット音楽、アイリッシュ音楽と聴いてきたが

なかなか聴けない世界の音楽を生で聴けるチャンスだし、

毎回行くたびに新しい収穫があって、楽しみにしている。

 

この「世界音楽紀行」とは別に、「数寄の庵で聴く北インド古典音楽」に行ってきた。

 

IMG_0161.JPG

 

左の建物が、江戸川区の行船公園内にある数奇屋造りの日本建築「源心庵」。

月見台が大きく池へ張り出していて、水がすぐそばに感じられる。

池には鯉やマガモなど水鳥がたくさん。

建物から池をへだてた対岸には、葉桜となりかけた桜が見えた。

 

IMG_0165.JPG

 

すみません、最初はブログ記事にするつもりじゃなかったので、

コンサート終了後の日暮れの写真で見栄えがしませんが、よく手入れされた素敵なお庭もありました。

 

IMG_0163.jpg

 

今回のフライヤー、これまた持ち回っていたので折り目クチャクチャ汗

 

IMG_0164.jpg

 

当日いただいた資料によれば、北インド古典音楽は

旋律を奏でる「主奏者」、リズムを奏でる「伴奏者」、通奏低音を奏でる「タンブーラー奏者」で構成されるという。

 

今回は二部構成で、前半は寺原さん(バーンスリー)、後半は H. Amit Roy 氏(シタール)がそれぞれの主奏者で、

どちらも伴奏者はタブラの池田絢子さん、タンブーラー奏者は寺原百合子さんだった。

 

北インド古典音楽をきちんと聴くのはこれが初めてだったけれど、

やはりインドという国の奥行き、深さのようなものを体感した。

 

まず一曲の長さ! 前半は50分超、後半も1時間超!

一番好きなバッハのゴールドベルク変奏曲が、演奏者にもよるけれど大体1時間なので、それに匹敵するわけだ。

しかも即興ですよ、あーた!

 

寺原さんいわく「まずその日演奏するラーガ(彩り)を決めるんですが、同じラーガでも

その日の気分によって30分で終わったり、1時間以上にもなったりする」そうな。

 

最初はチューニングから始まる。

主奏者が自分の基本となる音を決めた上で、タンブーラーとタブラもそれに合わせる。

あるインド音楽の演奏者はチューニングについて「神様の座る椅子を整える」と表現しました。

正しい音の椅子にのみ、神様が座ってくれるのです。

 

うん、この言葉、演奏を聴いた後ではすごくわかるー。

インド音楽って神様抜きでは語れないのではないだろうか。

 

* * *

 

さて、寺原太郎さん。

「春の曲にしたいんですが、インドの春って日本の春とかなり違うんですよね。

激しい感じのものが多いんですが、今回は比較的日本に近い感じのラーガでいきます。

桜のようにふんわりと美しく、けれどどこかにちょっと狂気をはらむような」

(スミマセン、うろ覚えなので発言が正確でないと思いますが)

ということで始まった。

 

「気楽に聴いてくださいね。後ろでお茶飲んでも結構ですし、池を眺めに立ってもいいですよ」

えっ、そうなのー。

 

それにしてもバーンスリーという横笛は懐が深い音を出す。

寺原さんのバーンスリーを聴いてからは、手持ちのCDのフルート協奏曲が物足りなく思えるようになったくらいだ。

いわゆる「室内楽」として発達したフルートと、バーンスリーは成立ちからして違うのかもしれない。

 

演奏を聴いたシロートの感想。

「比較的日本に近い」の言葉どおり、旋律もどこか日本的な気がしたし、

満開の桜をイメージして演奏されていたのかもしれない。

最初はおもむろに主奏者の演奏、

やがてタブラが入ってきてスリリングな掛け合いへと進行する。

 

あー、桜だ〜満開の桜〜、桜吹雪〜!

なんか身体がむずむずと動きはじめる。

前の席では首をくねらしてリズムを取っている人もいる。

人目を気にすることがなかったら月見台に出て踊っちゃってたかも。

 

「そうだ、こういうときは田中泯!

田中泯を呼んできて踊ってもらおう!」

と目を閉じて音楽を聴きながら勝手に妄想に耽った。

 

最初は「40分くらい」とのことでスタートしたが、興が乗って50分超〜!

すごいな太郎さん、熱演でした〜!

撥弦楽器や打楽器でも50分の演奏は体力勝負だと思うのに、笛ですよ笛!

声楽の人だって、あんなにぶっつづけに歌ったらもたないんじゃないかなー?

アメージング呼吸法!

今度、肺活量どれくらいあるかきいてみよう。

 

* * *

 

さて、休憩を挟んで H. Amit Roy 氏のシタール。

シタールも、ビートルズが採り入れたことぐらいしか知らないお寒い状況のワタシ。

 

前半のノリノリ気分を残しながら後半の演奏が始まった。

 

‥‥‥‥

 

前半の演奏は、"Music in the air〜!" という感じで

どちらかというと、音楽が外に向かって放たれていく印象だったのだが、

後半は非常に思索的で、個人の内面に向かって深く深く「問い」を発しつづけるような印象を持った。

 

前半は日本人の感性に近い音楽のように思えたけれど、

後半は、厳しい自然環境に生まれ、悠久の昔から積み上げられてきた思索の国の音楽だなと思った。

 

まあ、「何も知らない素人のたわごと」ということで聞き逃して欲しいのだけれど

なんだか、大きな悲しみをたたえている音楽という気がしたのね。

 

そうすると、いまの世界のこととか考えちゃって。

いまだって大きな自然災害が起これば、人間の力っていうのは本当に小さくて何もできないのに、

人間がつくりだす災いが猖獗を極めつつあるような世界のこと。

 

そんな世界に対して自問自答とともに、絶対者=神にたいして問いかけをつづけているような音楽。

アミット・ロイ氏の音楽からそんなことを感じた。

 

だから後半は首を振ることもなく、かしこまって聴いておりました。ぐすん

 

まあそれでも、アンコールに応えて演奏した曲は

「それでも世界は続く」という感じがして、ホッとした。

 

IMG_0160.JPG

 

きのうは興奮してなかなか寝つけなかった。

その混乱を引きずったまま記事を書いたので、支離滅裂だけれど、

それも私の1ページ。

 

 

心に響く音楽を聴けて、よかった。

 

 

 

 

 

コメント
ぶぎー様…ご無沙汰しています。絨毯・キリムのお話と同様に映画・本そして音楽についての語りをいつも楽しみにしています。「数寄屋の庵で聴く北インド古典音楽」においでになった4月16日、小生は中国桂林(漓江下りで知られていますね)の
龍勝の棚田を歩いていました。少数民族の壮(チワン)族が作り上げた世界的に知られている「龍の背の千枚田」です。以前、ベトナムの北部にあるサパから歩いて中国雲南省に抜ける旅をしたことがありますが、今回もすばらしい旅をし、昨日帰国しました。さて、ぶぎーさんの「世界音楽紀行」を読んでいますと、国を超えた音楽の魅力を感じます。特に今回の寺原太郎さんのコンサートは会場といい、演奏者といい、ご一緒したかったです。昨年12月の「絨毯好きの集い」でも寺原さんが演奏してくださいましたが、より深く北インドの音楽の深遠さに触れられたのではないでしょうか。それにしても寺原さんの気さくなお人柄をしのばせる語りを聞き、会場の雰囲気が想像できました。とは言っても、演奏が始まると、その世界にのめりこんでいく寺原さんの姿も目に浮かびました。いずれは小生がかかわっているМ大学の民族音楽のレクチャー&コンサートにもお招きしたいと思っています。昨年秋のL&Cにご出演いただいたロシア連邦トゥバ共和国の喉歌ホーメイの寺田亮平さんとの出会いから、ぶぎーさんとの「縁」が始まったわけですが、
絨毯でも音楽でも底辺に流れている「人間の生活」を感じます。今後もブログをとおしてぶぎーさんの「好奇心」を語り続けてください。夜遅いコメントで失礼いたしました。
  • Whyte Laydie
  • 2017.04.19 Wednesday 00:39
Whyte Laydie さま、おかえりなさい! コメントありがとうございます。
新緑の季節にチワン族の棚田をご覧になったとのこと、さぞ素晴らしく心洗われる風景であったことでしょうね。いつか行ってみたいものです。
会場の源心庵は茶室からの池を望む眺めもすばらしく、「写真を撮っとくんだった〜!」と後悔しています。会場の後ろには美味しいチャイなどの飲物やお菓子が用意され、ホスピタリティーが嬉しかったです。月見台から池を眺めながらチャイをいただくと、本当にリラックスできて夢見心地でした。
モチロン演奏は素晴らしいものでした。
「演奏が始まると、その世界にのめりこんでいく寺原さん」というお言葉は、まさにその通りでした! 1時間近くをぶっつづけで、しかも即興で演奏されるためには、大変な集中力が必要なんでしょうね。またタブラとのスリリングな掛け合いも見事。その日の天気や時間帯、自分の感情などにもとづいて産み出されるインド音楽は、同じ演奏者でもオンリーワン、一期一会のものなんでしょうね。
ぜひM大学のレクチャー&コンサートにも出演されますよう願っております。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。
  • ぷぎー
  • 2017.04.19 Wednesday 06:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album