ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ギャラリートーク2回目 続編 | main | 永井荷風の誕生日 >>
2017.11.26 Sunday

寒〜い冬でもあったかく ♪

 

寒くなるのはつらいけれど、冬支度というのはなんだかワクワクする感じで大好きです。

今週にはもう12月に突入〜! ということで

(特に得意でもないんですが)インテリア写真をアップします。ハート

 

 

なんとな〜く「ややお疲れ」の生活感が漂ってますが(笑)

ご覧いただきたいのは壁にかかったマーク・ロスコのプリント。

 

 

実物の色の温かみが写真では出ていないのですが、

夜はシーリングライトなしで電気スタンドだけにすると、

赤系統の色合いが落ち着きます。

 

IMG_0414.jpg

 

川村記念美術館の「ロスコルーム」という部屋は、

ぼんやり座ってずーっといたくなるところですが、そうもいかない。

 

この TASCHEN PORTFOLIO という画集は最初図書館で借りたのですが

プリントの色がよく出ていたので、古本で探して手に入れました。

 

ついでにパウル・クレーのものも好きな絵がたくさん載っていたのでゲット〜!

 

IMG_0413.jpg

 

廊下に飾ってあります。

ちなみにこれは "CAMEL" という題で、部族絨毯好きのために描かれたような絵?!

 

 

あと、冬になると「灯り」ってとっても心にしみるんですね。

「ミミ・ルウ」というところのオモチャみたいなライトですが、

灯りをともすとイイ感じ。

 

LEDライトって光が冷たく感じられるものがありますが

これはLEDでも紙素材のカバーのせいか、ほっこりした印象です。

 

IMG_0412.jpg

 

クリスマスの彩りも欲しいなあ〜というところですが

あまり大がかりなツリーなどは大変なので、

ちょっとひねった「こけしのサンタさん」とツリー。

 

IMG_0411.jpg

 

これは大昔に買ったドイツのザイフェンのクリスマスピラミッド。

キャンドルを灯すと、上昇気流によってプロペラが回転し、

小さな人形が乗っている台がくるくると動きます。

馬小屋でのイエス・キリストの生誕。

 

心を込めた手仕事でつくられたものは、年月が経っても処分する気にはなれません。

いま見ても、いいなあ、と思います。

 

ずいぶん昔に赤いキャンドルを使い切ってから、そのままになっていたんですが

最近ネットショップで14mmのものを見つけました。

すこし太かったので、下をねじ込むようにしてロウがすこし削れると入りました。

 

* * *

 

寒くなってきます。

みなさま、お風邪などひかれませんように。きらきら

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album