ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 永井荷風の誕生日 | main | それぞれにとっての "AMAZING GRACE" >>
2017.12.04 Monday

村山和之氏レクチャー「バローチ民族の生活文化と音風景」

 

昨日は都美術館でゴッホ展を観てから、台東区谷中のエスノースギャラリーに行った。

絨毯屋トライブさんが「アフガニスタンの手仕事ーバローチ族とタイマニ族を中心にー」という展示会をされていて

この日はバローチ研究者の村山和之さんのレクチャーがあったのだ。

 

IMG_0437.jpg

 

トライブさん作成の地図と今回の案内ハガキです。

地図の紫部分がバローチのテリトリー。

 

最初にトライブの榊龍昭さんからバルーチ絨毯について説明があった。

 

・最初は部族絨毯を見ても、どこの部族のものかなかなか分からないが、

トルクメン絨毯とバルーチ絨毯はすぐに分かるようになる。

 

・トルクメン絨毯は赤が多いが、バルーチ絨毯は濃紺やエンジ、こげ茶色など暗いがとてもシックな色調が特徴的。

 

・部族絨毯の中でもバルーチ絨毯は流通している数量が多い。これはバルーチの人口が多いためなのか、

人口当たりの絨毯を織る割合が多いのか、そこらへんはまだ分かっていない。

 

・絨毯を織るテクニックに優れている。

パイル織と平織りだけでなく、刺繍のように見える浮綾織りやもじり織りなど多くの技法を使いこなす。

 

* * *

 

その後、村上和之さんがバルチスタンの映像を映しながらレクチャーをしてくださった。

 

バルチスタンの大学の遠足やバルーチ族の結婚式、石焼パンなど調理の過程、

庭園からブドウをとって食べるようすなど、現地の映像をたくさん見せていただいた。

YouTubeでもなかなか見ることのできない貴重な映像〜!

 

その後、現地で入手してきた衣服やマントなどを見せていただく。

 

IMG_0429.jpg

 

バローチの女性の衣服。

襟元や袖に細かい刺繍がしてある。

参加者は帽子やターバン、マントなどを実際に身に付けたり写真を撮ったりしながら

なかなか訪れることのできない土地のありさまを想像することができた。

 

* * *

 

会場ではバルーチの音楽CDも聞かせていただいたが「悪魔払い」的な意味の音楽らしい。

レクチャーの中でも、ヤギ料理を食べたあと出てきた骨を見て、ある種の占いをする風習があるとのことだった。

 

「わりと日常にシャーマニズム的なものが残っている」というお話は、

部族絨毯で「この文様はどんな意味があるのだろう」と思うことがよくあるので、

とても好奇心をそそられる。

 

バルーチ絨毯には「ニワトリのモチーフ」がよく出てくる。

「先生、今のバルーチ族の中でニワトリってどんな存在なんですか?」と質問してみた。

 

「ニワトリは食用のほか、

暗闇を破る鳴き声を上げる吉鳥とされ、尊ばれています」

 

「闘鶏ってやりますか?」

 

「やります。小型のチャボが多いですね。」

 

とのことだった。

 

レクチャーはとても面白く、帰りの日暮里駅に向かう道ではスーパームーンがとても美しく見えた。

 

* * *

 

部族絨毯の「文様」は非常に面白いテーマだが、異論がたくさんあってなかなか「これが正しい」と言い切れない。

このブログの記事に「文様」の話が出てこなくても、決して興味がないわけではないのだ。

ウソを広めてはいけない、と思っているだけなので、興味はあるんです、ハイ。

 

以前の記事「バルーチ絨毯のデザインについて」で、次のように書いたことがある。

 

バルーチには「ニワトリ」や「トサカ」の文様が多いのですが、
1913年発行の"Encyclopedia of Islam" には
"Baloc" (バルーチのこと)はペルシャ語で「トサカ」を意味するとの記述があります。
当時のバルーチは「トサカのような被りものをしていた」という証言もあるそうです。

 

ニワトリがバルーチの象徴的存在であることを知ったとき、正直「???」な印象だった。

私の頭のなかでニワトリは「お肉」であり「卵」であり、

姿かたちも白い羽根に赤いトサカの「白色レグホン」しか思い浮かばなかったからである。

嗚呼! 貧困なる想像力! ゆう★

 

改めてJeff W Boucher "BALUCH WOVEN TREASURES" を開いてみた。

 

 

このルコルシ(ソフレ=食卓布)の四隅に配されている鳥は、バウチャーは「オンドリ」だと説明している。

「遊牧民にとって、オンドリは闇夜を取り払い、家庭を悪魔から守る、栄光と勝利の象徴である」

 

コケコッコー!

これは非常に説得力がある説明だと思う。

 

ところが同じバウチャーコレクションでも

 

IMG_0433.jpg

 

このピースの鳥は「クジャク」と説明されており、

 

IMG_0432.jpg

 

これも「クジャク」と書かれてあるんですよ。

 

IMG_0431.jpg

 

これは JAMES OPIE "TRIBAL RUGS" のカシュガイ族のホースカバーの一部。

これは形状からして、確かにクジャクだと思いますが、

上のバルーチの二枚を「クジャク」とするなんらかの根拠があるんでしょうか。

 

確かに「クジャク」はペルシャ文化においても伝統的に「霊鳥」とされているようなので

バルーチもクジャクを尊重したって不思議はありません。

 

でも、このカルチャーラジオを聞いてからは

「ニワトリ」について、もっともっと可能性があるんじゃないか?!と思っているのです。(笑)

 

IMG_0434.jpg

 

たまにNHKのラジオ第2を聞くのですが、

今年の4月にこのテキストを本屋で見かけたときは

「世の中にはヒマな学者がいるもんだなあ」と思ってしまいました。

(申し訳ありません! 矢野晋吾さん!)

 

ところがあるとき、たまたま放送が聞こえてきたら、むっちゃ面白いではありませんか!

<ニワトリ=「肉」「卵」「白色レグホン」>方程式が、木っ端みじんに破壊されました〜ゆう★

 

まずは上のテキスト表紙、伊藤若冲の絢爛豪華なニワトリをごらんください!

なんと美しい鳥でしょう!

 

IMG_0436.jpg

 

テキストより、ニワトリの先祖と考えられている「セキショクヤケイ」。

鮮やかに輝く赤・黄・青・緑・茶・白!

 

そしてこのテキストでは、バウチャーが言うとおり

 古代ペルシャ民族のひとつ、ツェンダ族の場合、雄鶏は「夜の悪魔を追い払ふと云ふ警戒の象徴として尊重せられ」(『家畜系統史』)警戒心の強い雄鶏に対する崇拝観念は高まり、神聖なものとされ、特に死体置き場に見かけられたという。当時、火と犬と雄鶏がペルシャ人の守り神の偶像だった。

 ローマ人は「この神霊を有った鳥を『鳥占ひ』として過度に尊重した」(同)。誰も責任をとれないような重大な事件の場合には、「鶏の番人」は鶏を使って占いをしたという。(中略)

 このほかにも、アンドリュー・ロウラーは、ゾロアスター教のペルシャ人は「雄鶏は悪霊と魔術師に対峙させるために創造され、「雄鶏が鳴くと、災難の‥‥発生が防がれる」(『ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥』)と考えている点を指摘している。

 

これはごく一部の引用ですが、

ニワトリはかつては世界的に「霊鳥」とされていたことが縷々語られるのです。

 

このほか「闘鶏」がその社会の文化にとって大きな位置を占めていたことなども語られます。

ニワトリは「勇敢さ」「強さ」の象徴でもあったのではないでしょうか。

 

* * *

 

今回はこのくらいにしておきますが、

振り返って、上のバウチャーの「クジャク」とされるバルーチ絨毯モチーフ、

しつこいですが、「ニワトリ」である可能性はないんでしょうか?

 

IMG_0438.jpg

 

注目はこの「ケヅメ」の形と、全体像の中での尾羽のバランスです。

2枚のピースのモチーフの足の形や全体のシルエット、

「クジャク」よりも「オンドリ」に似ていると思うんだけどなあ。あ

 

 

コメント
「オンドリ」と「クジャク」、興味深いですね。私の解釈では、大きさは関係なく、しっぽの形が後ろ向きならオンドリ、上向きならクジャク。どうでしょう?
  • April
  • 2017.12.11 Monday 12:05
なるほど〜、実際のニワトリとクジャクの尾羽は後ろ向きと上向きになっていますね!

バルーチの鳥以外にもハムセ連合のバードラグにもニワトリが織り込まれています。ハムセのニワトリは「エサを啄む」形で雌雄不明ですが、バルーチは時の声を上げているオンドリ。

あれこれ想像するのも楽しいですね。
  • ぷぎー
  • 2017.12.11 Monday 15:07
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album