ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ♪ハゲハゲ♪ ミラス絨毯 | main | トーベ・ヤンソンのアトリエのオリエンタル・ラグ >>
2018.01.20 Saturday

ミラス絨毯の3タイプー「メダリオン・ミラス」の謎

 

人生はじめてA型インフルエンザに罹り、

「なるほどインフルエンザというのはこういうものか〜」

という経験値をひとつ増やしたぷぎーであります。クッキーモンスター

 

主に呼吸器をやられて一昨日の夜は寝るに寝られず、しんどい思いをしましたが

きのうから快方に向かい、今朝は近所の公園を歩くことができました。

病気をするたびに健康のありがたさを感じられるように、

人生の嫌なこと苦しいことは、

後でしあわせを存分に感じられるようになるためのものかも知れません。

 

* * *

 

さて、前回ご紹介したハゲハゲのミラス絨毯、

譲ってもらったアメリカのコレクターによると「"Mejedieh Milas"と呼ばれる絨毯」とのことでした。

"Mejedieh" とは何ぞや? と思ってもほとんど資料がなかったのですが、

ネットでわずかにヒットしました。

 

それによると

「トルコがアブデュルメジト一世の治世下(1839-1861)でフランスの色やデザインの影響を受けた絨毯」

とのことです。そうするとあの絨毯はやはり江戸時代末くらいのものですね。

 

他に"Mejedieh Milas絨毯"はないかな〜と探してみましたが、見つかりません。

 

そこでこれを機会に、アンティークのミラス絨毯についてちょこっと調べてみました。

 

IMG_0490.JPG

 

左はアンティーク・コレクタース・クラブ全5巻のトルコ絨毯編。

全体像を知りたいなと思ったら、まずこの本に当たります。

 

右はトルコの文化観光局発行の5冊本で、掲載数550という圧倒的ボリューム。

産地ごとにまとめてくれたら使いやすいのに、とは思いますが、いろんなタイプを知ることができます。

 

コレクターズクラブ本によると、

ミラス絨毯はトルコ絨毯の中でも(欧米人に)一番人気で、

以下の3つの基本形に分けられる、とのこと。

 

・独特の形のミヒラブを持つ「プレイヤーラグ(祈祷用絨毯)」(一番数が多い)

・Karaova 地方から産出される「アダ(「島」の意)・ミラス」(中央四角を二重に囲むデザイン)

・赤地にゴールデンイエローの「メダリオン・ミラス」(極めてレア)

 

前回の"Mejedieh Milas"に似たものはないかな〜、と探しましたが

構図的にはこれが一番近いでしょうか。

 

IMG_0489.jpg

 

中央のフィールドに二つの長方形があり、オーナメントで満たされています。

この絨毯は、タイプとしては「アダ・ミラス」になるんでしょうか。

 

困ったことに、この本には「メダリオン・ミラス」のサンプルが出ていないんです。

そこで、また別の本を当たってみました。

 

IMG_0482.JPG

 

右は以前にブログで取り上げた田村うらら著『トルコ絨毯が織りなす社会生活』。

左が今回の掘り出し本(?)"TURKISH CARPET" by J.Iten.Maritz 。

この本はアンティークまでいかないオールド絨毯が多く、

これまであまり読んだことがなかったのですが、

産地や掲載されている絨毯についての説明が詳しいのです。

 

この本に掲載されている絨毯を見ていきましょう。

 

IMG_0483.JPG

 

独特の形をしたミヒラブのプレイヤーラグ。

推定1875年で、縦糸・緯糸・パイルすべてウール。

画像では「灰色」に見える部分があり、化学染料を思わせるのですが

全体の印象から、やはり古いものだと思います。

たぶん印刷があまり良くないため、実際の色と違っているのでしょう。

インディゴ由来の水色と、オーベルジーヌの紫かもしれません。

 

IMG_0485.JPG

 

アダ・ミラス (その1)

推定1930年。 素材はすべてウール。

中央は「生命の樹」で、本来は典型的なアダ・ミラスのデザインだったということです。

 

IMG_0484.jpg

 

アダ・ミラス (その2)

推定19世紀末〜20世紀初め。

「中央のフィールドに二つの六角形を配したデザインは非常に珍しい。

この時代より後にKaraovaで盛んに織られるようになるアダ・ミラスは色数が少なくなっていく」とのことです。

 

ここで『トルコ絨毯が織りなす社会生活』から、

現在もボザラン村で織りつづけられているミラス絨毯を見てみましょう。

 

IMG_0481.jpg

 

ボザラン村の絨毯はいまなお天然染料で染められているので貴重ですが、

色数という意味では昔よりも減っているのかもしれません。

やはり「アダ・ミラス」のデザインですね。

 

IMG_0479.JPG

 

トルコ西南のエーゲ海近くに、MilasとKaraovaがあります。

 

IMG_0480.JPG

 

そしてボザラン村はここにあります。

「アダ・ミラス絨毯がKraovaで盛んに織られた」という歴史の延長線上に

近隣のボザラン村で、同じタイプの絨毯が織りつづけられているのでしょう。

 

* * *

 

さて、少々横道に反れましたが、ミラス絨毯の3つの基本形の3番目

「メダリオン・ミラス」が"TURKISH CARPETS" に載っていました!

 

IMG_0486.jpg

 

ジャーン!これです!

 

IMG_0487.JPG

 

そして驚きなのが、縦糸と緯糸がコットンなのです!ゆう★

 

トルコの村の絨毯の多くは縦糸も緯糸もウールであり、

仮にコットンが使われている場合は、最初から販売目的で織られたことが考えられます。

 

「メダリオン・ミラス」以外のミラス絨毯は縦糸も緯糸もウールですし、

絨毯のデザインも他のミラス絨毯とはかなり異質だと思いませんか?

 

「オリエンタルカーペットのコレクターがこの絨毯を見てもミラス絨毯だとは思わないだろう」

と説明文に書いてあるくらいですから、やはり「異例」なのでしょう。

 

ノット数も他のミラス絨毯より細かいし、デザイン的にはペルシャ絨毯に近いと思います。

 

ここで『トルコ絨毯が織りなす社会生活』をパラパラめくってみると、気になる記述がありました。

 

ボザラン村の近くの「カラヂャヒサル村」の絨毯は、他のミラス地域の絨毯とはデザインも色も違っているというのです。

 

IMG_0492.JPG

 

この本によれば、カラヂャヒサル村に1896年OCM(Oriental Carpet Manufacturer)の工房が建てられ、

工場が解散する1919年までのあいだ、村のほぼ全世帯の女性たちがその会社の仕事を請け負っていたとのこと。

 十九世紀末にユダヤ人たちが村に織を持ってやってきて、絨毯の工房を建てた。朝から村のたくさんの女性たちがそこへ行き、その日の織り上げた目の数に応じて賃金を得た。

 そこへ一九一〇年か一九一二年のいずれかにウシャックの絨毯工場からデザイナーとして派遣されてミラスにやってきたアテネ出身のひとりの男、つまりギリシャ人が村の工房で働くようになった。(中略)

 彼はデザイン画を熱心に描き、自分で糸を染め、描いたデザインを織って次々に新しい柄見本絨毯を生み出した。 (P.202)

18〜19世紀には、ミラスには相当数のユダヤ人やギリシア人が住み、主に商業・手工業に従事していたが、

第一次大戦敗戦後にナショナリズムが吹き荒れて、村の絨毯工房のユダヤ人たちは追放されてしまったと、、、

 

IMG_0491.jpg

 

これがカラヂャヒサル村の絨毯。

「白地に花柄」が特徴で、先に述べた赤地の「メダリオン・ミラス」とは配色が違います。

 

レアな「メダリオン・ミラス」はもしやカラヂャヒサル村で織られたのでは?

という想像は、これでは立証されないものの、なんらかのヒントを与えてくれるのではないでしょうか。

 

可能性1:カラヂャヒサル村では他の配色やデザインの絨毯も織られたが、白地のものだけが生き残った。

「メダリオン・ミラス」も、じつはカラヂャヒサル村で織られた。

 

可能性2:19世紀末から20世紀にかけて、ミラス地域の他の町でもカラヂャヒサル村と同じように

ユダヤ人やギリシア人が興した工房があり、そこで「メダリオン・ミラス」が織られたが、

カラヂャヒサル村のようにその後もそのデザインが生き残るのではなく、歴史の彼方へと忘却された。

 

、、、などでしょうか?

 

* * *

 

「OCM」について以前書いた記事はこちらです。

 

IMG_0470.jpg

 

それでは、また〜!

 

コメント
ぷぎーさま
いつも美しい画像と素敵な文章のブログを楽しみに拝見させて頂いております。
ミラスのハゲハゲ絨毯、とても生き生きした鮮やかな色ですね。
パイルの薄いところは優しい色で、全体に調和しているように思いました。

私事ですが、数年前のトルコ旅行中に初めてみた絨毯に感激し、現物が買えない
ならせめてと絨毯写真集(多分観光者向け)を購入しました。
その中にはミラス絨毯の写真と説明(フランス語で内容不明)もあったのですが、
書斎向けみたいなシックな茶・白・黄の色合いばかりだったので、そのような絨毯
なんだと思い込んでいました。
そのため、あまり着目していなかったのですが、
ぷぎーさまのお手元にあるような、時代を経た美しいものもあったのですね。
ミラス絨毯の種類・産地の地理・歴史についての説明も、とても参考になりました。
少し着目してみようと思います。
  • Opal
  • 2018.01.22 Monday 23:57
Opal さま、コメントありがとうございます!
そうなんです。18〜19世紀に織られたミラス絨毯は染色の見事さと独特のデザインで有名だったのが、今は大人しいデザインのソフトカラーのものになってしまったようです。今のミラス絨毯もパイルが長めで密に織られており、実用の絨毯としては良いと思います。

ハゲハゲのミラスの色が150年の時を経てもなお鮮やかというのは驚きですよね。また、古いものなら全部というわけではありませんが、意匠が生き生きとして語りかけてくるような「命」を持った絨毯もあります。

あと数回、ミラス絨毯の記事を書こうかなと思っていますので、どうぞまたブログを覗いてくださいね。
  • ぷぎー
  • 2018.01.23 Tuesday 07:01
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album