ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トーベ・ヤンソンのアトリエのオリエンタル・ラグ | main | うちのトルコ絨毯 >>
2018.02.23 Friday

ギブスが取れました〜

 

1月中旬のインフルエンザにつづき、

下旬に思わぬ左手首骨折!

不自由な生活でしたが、本日めでたくギブスが取れました〜!手

 

ところでみなさん、ギブスって種類があることをご存知ですか?

 

骨折した直後は、添え木に包帯を巻く形の「ギブス・シーネ」。

しばらくは患部が腫れて膨張したりするため、ある程度伸び縮みに対応するギブスのようです。

 

IMG_0505.jpg

 

これが肘上まであるギブス・シーネで、腕を吊り下げたまま一週間過ごしました。

 

患部の腫れも引いたところで、ガッチリと固定するギブスに変わりました。

こちらは肘より下なので肘が曲げられますし、肩から吊り下げなくても大丈夫です。

 

IMG_0504.JPG

 

「抜け殻」の図。

特殊な素材の包帯を、水に濡らして腕に巻きつけていくと

巻きつけた形状に合わせてガッチリ固まります。

 

巻きつけ方に不具合があると、腕が圧迫されて神経を痛めたりすることも稀にあるので

ギブスを巻くのは翌日が診療日の場合だけだそうです。

万が一、腕が痛くなっても休診日だと対応できないから、とのこと。

 

最初のギブス・シーネの「添え木」も、腕の形状に合わせて変形する素材でした。

添え木を当てて包帯を巻いてもらっていると、なんだかじんわり温かいのです。

 

「先生、なんだか温かいんですけど、これ温熱湿布ですか?」と訊くと

「骨折は冷やさなくちゃいけないのに、バカなことを言っちゃいかん。

これは素材が固まるときに放熱しているんだ」とのことでした。

 

知らないあいだに医療用品って、どんどん進化しているんですね。クローバー

 

あと2、3日、寝るときは「抜け殻」をしておいたほうが良いとのこと。

しばらく動かしてなかったので、寝返りなどの拍子に痛むことがあるそうです。

 

骨折した経過はお恥ずかしくて話せません。

これに懲りて、今後は慎重に行動しなければ、、、

 

みなさま、どうぞご自愛くださいね。

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album