ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うちのトルコ絨毯 | main | 熊谷榧さんのバルーチ・鞍掛袋 >>
2018.03.18 Sunday

「トランシルヴァニア絨毯」と呼ばれるトルコ絨毯

 

IMG_0539.JPG

 

前回と同じ場所の梅の花。満開です。

 

さて、前回取り上げたうちのトルコ絨毯がいつごろ織られたものなのか?

というと19世紀後半から20世紀はじめではないかと思います。

 

「アンティーク、アンティーク」と騒いでいても、

それより前の時代の絨毯を入手するのは非常に難しい。

 

そんな私があこがれる絨毯といえば

「トランシルヴァニア絨毯」と呼ばれるトルコ絨毯です。

 

 

現在のルーマニアの一部ですが、

このトランシルヴァニアの教会に古〜いトルコ絨毯が残っているのです。

 

IMG_0538.jpg

 

"ANTIQUE OTTOMAN RUGS IN TRANSYLVANIA" by Stefano Ionescu 2005年

以下の写真はこの本より転載

 

トランシルヴァニア地方は昔から豊かな土地で、

12世紀ごろからドイツ・ザクセン地方の人びとが入植をはじめた。

 

トランシルヴァニアは中東とヨーロッパを結ぶ交易路の重要な中継地として栄え、

富を蓄えた地方の名士やギルドなどが

当時はたいへんな贅沢品であった絨毯を教会に寄進した。

 

IMG_0533.jpg

 

ブラショフという町にあるトランシルヴァニア地方最大の「黒の教会」(正式名称は「聖マリア教会」)。

高さ65mの塔を持つ後期ゴシック教会で、ルーマニア最大級のパイプオルガンも備えている。

 

1477年完成当時はカトリック教会だったが、1544年にプロテスタント・ルター派に改宗したという。

 

去年は「宗教改革500年」にあたり、

ルターが「95ヶ条」の提題でキリスト教会の改革をはじめたのが1517年。

以後、カトリックとプロテスタントの長く壮絶な争いが始まるのだが、

ドイツからかなり離れたトランシルヴァニアの教会が、ルター派に早期に改宗したというのも面白い。

 

ルターはザクセンの修道士だった。

トランシルヴァニアの人びとは、もとはザクセンの人びとだ。

遠く離れた故郷での新しい大きなうねりに無関心でいられるはずがない。

トランシルヴァニアの宗教改革を率いたヨハネス・ホンテルスはじめ、

故郷との人的交流などによって、いち早く反応したのかもしれない。

 

IMG_0537.jpg

 

そこにまた、イスラム教の祈祷用絨毯がずらりと飾られているのが衝撃的なのである。

 

IMG_0536.jpg

 

上段は通常の意匠の絨毯だけれど、下段はミフラブのついた祈祷用絨毯。

 

IMG_0534.jpg

 

しかし、ルター派がどうの、キリスト教会にイスラムのお祈り絨毯がどうの、と言っているよりも、

写真から伝わっているこの美しさは何物にも代えがたい。

 

このレヴェルの絨毯は、いまでは博物館でしか見られないものだが

博物館で見るのと、このような「祈りの場」で見るのとでは全然ちがうと思う。

 

日本でも、おなじ仏像であっても、博物館で見るのと本来のお寺で見るのとでは、ずいぶんちがう。

 

こちらは「異教」ではあるものの、敬虔な祈りの場に安置され、何世紀にも亙って大切に手入れされつづけてきた絨毯である。

絨毯にたくわえられてきた「気」というか「power」が違って当然だと思う。

 

IMG_0535.JPG

 

パイプオルガンのある身廊は通常の絨毯がほとんどのようだ。

 

トランシルヴァニア地方には、「黒の教会」以外にも古いトルコ絨毯を飾った教会がある。

 

IMG_0531.jpg

 

聖マーガレット教会。

中央は「ホルバイン絨毯」、左右は「ロットー絨毯」である。

(「ホルバイン絨毯」「ロットー絨毯」というのは画家の名前を冠した通称で、これはまた機会を改めて)

 

IMG_0532.jpg

 

ハルマンの福音教会にある「ロットー絨毯」

 

 

 

* * *

 

「ホルバイン絨毯」や「ロットー絨毯」は、16〜17世紀と非常に古いものが多いが、

「黒の教会」に見られる祈祷用絨毯は、それより後の時代のもののようである。

 

「黒の教会」は1689年に大火事でパイプオルガンさえもが焼ける被害を受け、絨毯もほとんどが焼けたようだ。

 

教会再建の過程で、教会員や支援者があらたに絨毯を寄進したわけだが、

そのなかで18世紀に織られた祈祷用絨毯の割合が多くなったことも考えられる。

 

 

コメント
参考になり楽しくブログを拝見させてもらってます。
実はStefano Ionescu氏の書籍が気になっているのですがこちらは絨毯のデザインも確認出来るのでしょうか?

もしご教示いただけたら幸いです。
  • KEN
  • 2018.06.03 Sunday 11:04
KENさん、またブログを覗いてくださってありがとうございます。
教会内部の写真だけでなく、写っている絨毯のほとんどが全体写真も載っているようです。比較的精度の良いカラー写真ですし、ルネッサンス以降の絵画に描かれている絨毯の解説などもあるので、買って損はない良い本だと個人的には思います。
どうぞ検討してみてください。
  • ぷぎー
  • 2018.06.03 Sunday 21:23
教えていただきありがとうございます。

なかなか良いお値段するので迷ってましたが写真と解説まであるなら素晴らしい内容ですね。
いつの日かこの絨毯を手に…
  • KEN
  • 2018.06.08 Friday 22:20
水曜日まで留守にするのですが、戻りましたらこの本の他の写真をアップしますので、もうしばらくお待ちいただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
  • ぷぎー
  • 2018.06.09 Saturday 16:39
このサイトのお陰でトライブラグの勉強が沢山できてほんとに感謝です。最近イーベイでアンティーク物を買おうとしていますが、まだ入門者の為、本当にアンティークか見分けが出来ず、イーベイの出品者コメントは安心して信用できるか、教えて頂けますでしょうか。100年以上のものが実はオールドだけならまだしも、ただのリメイクなら本当に悲しくなるので。。ちなみに、出品者はtop ratedで評判は高いです。よろしくお願いします。
  • lma
  • 2018.10.04 Thursday 12:46
Imaさま、こんにちは! コメントありがとうございます。この拙いブログが少しでもお役に立てれば嬉しいです。
私の経験では、eBayの出品者コメントはほぼ確かだと感じています。
理由のひとつには19世紀末から20世紀末にかけて、イランやトルコなどの原産地から豊富にアンティークラグが欧米に輸出されたため、品物自体の数も多いですし、絨毯商やコレクターもラグのことをよく勉強していて価格的にも良心的という印象があります。
ただ骨董の購入には一定程度の失敗はつきもので、私自身何度か痛い目に遭いながら勉強してきました。注意しても写真では判別できない時もあります。
また10年前に比べると、良いアンティークラグの流通量はかなり減っているようです。
原産国の業者さんも出品していますが、こちらは化学染料を天然染料と説明するケースもありますので、最初は敬遠しておいた方が得策かもしれません。
この点を含みおきながらチャレンジするかどうかはImaさまの判断になります。

内緒のオマケ情報ですが、日本のメルカリでmaiさんが出品されているものは確かな情報でお値段もリーズナブルですので、一度覗かれてみてはいかがでしょうか?
  • ぷぎー
  • 2018.10.04 Thursday 13:12
書き忘れましたが「汚れ」については、日本人と感覚が違うので、クリーンと書かれていても汚れているケースもあります。本筋のコレクターの出品物はたいてい綺麗に洗ってありますが。
あまり大きいものでなければ、天然染料のラグはお風呂で洗えます。個人的には、ラグを洗ってキレイにする作業も楽しかったですよ。
  • ぷぎー
  • 2018.10.04 Thursday 13:20
早速お返事有難うございます!!!このサイトの情報量と専門知識は本当に素晴らしく、探険小説のように毎回楽しくじっくり読ませて頂いております。私も最初のキッカケはモダンギャッベからでしたが、本当のトライブラグを知ってからすっかりハマってしまい、ぷギーさんのサイトを見始めてから、ついついペルシャや部族の歴史と文化まで調べ出してしまった今。。笑 ぷギーさんがこのブログを辞めないことを祈っております。
イーベイのことと、maiさん情報も有難うございます。maiさんを問題なく見つけました。ネットでインテリアを中心に買い物はよくしていますが、トライブラグだけは本当に特別なので、リスクを承知のうえ、良いピースを探していきます。また色々と質問させてください。宜しくお願いします。
  • lma
  • 2018.10.04 Thursday 14:21
汚れについてのコメントを今見ました。有難うございます。自分で洗う勇気がなかなか。。笑
初めてのイーベイで、6x9フィートのカシュガイ産アンティークを買う予定ですが、このサイズを日本で買ったら。。というくらいの値段設定で、ビックリしています。カシュガイとシラーズ産を併記しているので、どっちだよ?という点もありますが、出品数もかなり多く評判も高いので、恐らく商品詳細はそこまで書ききれていないかと思います。今度、簡単な天然染料と化学染料の見分け方をぜひ教えてください。よろしくお願いします。
  • lma
  • 2018.10.04 Thursday 14:37
数年ぶりにイーベイ見てみました。(ちょっとワクワク!)
もしかして”Terrific Tak Toranj - 1890s Antique Qashqai Rug”というピースでしょうか?
確かに魅力的なお値段で、デザインもカッコイイですね! 多分すべて天然染料だと思います。

あくまでも私の狭い経験からですが、実際の年代はもう少し若く、このタイプのデザインは「1930年代」の「シラーズ」として売られていることが多いです。カシュガイ族のラグも集積地であるシラーズに集まるのですが、単純化して言えば(表記として)「カシュガイ」>「シラーズ」のクオリティになります。
おそらくウール、染料、織りなどのレベルが、やはり違うんだと思います。

カシュガイのアンティークの魅力の一つは艶やかなウールですが、こちらの絨毯はちょっとパサついている印象で、パイルもけっこうすり減っているかも、と思いました。
それでもこのお値段でしたらけっして損ではないと思います。

絨毯のことになるとつい熱が入ってしまって、とても偉そうに言ってしまってゴメンなさい。
  • ぷぎー
  • 2018.10.04 Thursday 15:22
私の勉強不足で貴重なコメント頂き有難うございます!!実は検討しているのがこちらです。pre-1900 geometric tribal qashqai shiraz antique persian。画面一枚目のピースでサイズ表示が6x9になるものです。色が落ち着きすぎて?、パイル減りが少なく状態が良すぎて?、画像7枚目でポイントされているアブラシュの部分(おそらく画像3枚目の右下部分)がなぜか、横一列展開ではなく立てに展開していること、またカシュガイ のアンティークならその時代はやはりトリ文様かな、などといった疑問があります。やはりカシュガイが作ったのではなく、シラーズに持ち込まれた一枚のピースだけかなとか。。見た目だとタフトバフト?図々しくすみません。ウールと染料の質の話になると、勉強中。。ですが、やはり一枚のピースで色々知ることが楽しいです。ネット買い物だと会話がないので、知る術が限られてきますが。。。
  • lma
  • 2018.10.04 Thursday 16:40
ご検討の絨毯拝見しました!
7枚目は絨毯を横にして写した写真なのでアブラッシュの入り方は問題ないと思います。
写真がイマイチ鮮明ではないので断言はできませんが、こちらはかなり化学染料が使われているかもしれません。トルコの化学染料はあまりに色鮮やかなので分かりやすいのですが、イランで使われた染料はまた別のトーンで、ぱっと見は判別しにくいのですが、典型的な天然染料の色とは違う気がします。

デザインもやはり1930年代に欧米輸出向けにたくさん織られた、いわゆる「シラーズ」絨毯だと思います。
絨毯業界の呼び方はあくまでも便宜的なもので、カシュガイ族の末裔が織ったものでも時代によっては「シラーズ」と呼ばれるし、カシュガイ以外の部族のものも「シラーズ」と呼ばれるようです。要は「時代」ですね。

なお「鳥」はカシュガイというよりハムセやアフシャールか好む文様です。

タフトバフトといえば、カシュガイも含めて部族絨毯のほとんどはデプレスのない「1階建て」もしくはデプレスの効いた「1.5階建て」です。(絨毯を水平から見たパイル結びの構造の比喩)

それでも古い「カシュガイ」と時代の下る「シラーズ」では経糸の密度や横糸の打ち込み具合などが違って、同じタフトバフトでも、しっかりした織りもあれば、スカスカの織りもあるのです。
経糸と横糸の密度の他、ウールの質が良く糸がしっかり縒られている絨毯は、使用によりパイルがすり減っていても、まだけっこう使えたりします。

ご検討中の絨毯は、リビングに敷くのに最適のサイズですし、デザインもまとまっており、丁寧に使用すれば一定期間使えるでしょう。ただ構造はあまり強くなさそうなので、掃除機はあまり使わない方がよいかと思います。外に出してホコリをはたくとか、、、

あまり聞きたくない言葉かと思いますが、やきものでも絨毯でも「とびきりお買得とか掘出し物というものは、今の時代はほとんどない」ということです。
ほんとに「何様?!」みたいなタカピーな嫌なコメントかもしれませんが、正直な気持ちをお伝えしたく、ずうずうしい意見を書きました。ご容赦ください。
  • ぷぎー
  • 2018.10.04 Thursday 18:16
率直なご意見を頂き、本当に有難うございます。ぷぎーさんの以前の文章で時代設定が近いピースのオークション希望価格を拝見したことあり、かつ私の限られている判断力で、このスペックでこのお値段、しかも値引きまで。。という疑念はあった為、悶々としていました。お陰様でその理由が鮮明になり、むしろスッキリしました。まだまだ未熟で、染料の勉強、あとはもっと見る枚数を増やすよう努力します。また質問させてください。よろしくお願いします。
  • lma
  • 2018.10.04 Thursday 18:22
こちらこそ真剣なコメントをいただいて、改めて絨毯について考える機会が持てました。ありがとうございます。
おっしゃるとおり、たくさんの絨毯の実物を見ること、そして可能であれば触ってみることが一番良いと思います。

染料で一番わかりやすい見分け方は「初期の化学染料は日光に弱く、裏面は色が残り、表面が白っぽく褪色している」ことで、これはトルコのものに多いようです。
イランやアフガニスタンで使われた染料で、褪色も少なく、色合いも落ち着いた感じのものでも、「どこか金属的な、沈んだ印象を受ける」場合は慎重になった方がよさそうです。(自分が「失敗した〜!」結果の結論ですが 笑)

一番いいのは、天然染料の絨毯の実物をたくさん見て、「天然染料の典型的な色合い」を眼の中にしっかりと記憶させることかもしれません。
最近の化学染料は格段に進歩していて、とても良い色がたくさんあり、私には天然だとかケミカルだとかは判別できません。
それでも100年以上前の古い絨毯に使われている色は、時間によって色が熟成するし、典型的な色の種類も限られているので、新しい染めよりはずっと判別しやすいと思うのです。

Ima様はペルシャ絨毯にお詳しいのではないですか? タフトバフトを写真で見分けられたり、アブラッシュの入り方に眼を配られたりと、かなりの絨毯通とお見受けします。

私は専門家でもなんでもなく、でも部族絨毯が好きで、いろいろ失敗しながらやってきました。全然頼りになりませんが、ぜひまたご質問ください。
こうしてああだこうだと絨毯談義をすることって、楽しいですよね!
  • ぷぎー
  • 2018.10.04 Thursday 19:35
今回のピースは、やはり金属的で沈んだ印象を受ける方にあたる、ということでしょうか。勉強になりました。染色一つでも内容が深くて本当に楽しいです。
私はトライバルラグにハマりだしたのが本当に最近(半年前)のことです(ペルシャ絨毯経験ゼロ)。部族絨毯を通じて遊牧民族のライフスタイルに惚れました。なので、バルーチとトルクメン絨毯をもっと勉強したいですけど、この通りまだまだ初期段階で苦戦中です。。。笑
元々は物好きなので、素人でも判別しやすい織り方や糸切れアブラッシュ現象から勉強スタートしたので、仲良しディーラーからタフトバフトやニムルールバフト(ペルシャ絨毯の呼び方?)などを最初から教わりました。理屈が何となく分かるが、太い糸と細い糸の一本ずつで緯糸をどう引き締めたら2階建てになるのかとか、ぜんぜん??だらけです。文様、染色と糸素材を見分けることが次の課題です。
  • lma
  • 2018.10.05 Friday 00:09
タフトバフト、ニムルールバフトという呼び方は欧米の絨毯本には出てこないので、日本のいわゆる「ペルシャ絨毯」の業界で使われている印象です。
http://rug-lover.jugem.jp/?eid=92
この記事の中頃にデプレスの図解を載せていますが、なぜか画像が伸びて見づらいです。

染料は地域によって使われる素材が違い、同じ人が染めても水温や気温など僅かな違いでも同じ色には染まりません。とても難しい世界のようです。
「天然か化学かは見分けられない」とする意見もありますが、絨毯マニアの売買サイトrug rabbitでは「出品されている絨毯に化学染料が使われていたら、管理人権限で削除します」とされているし、欧米のコレクターは色に非常にこだわる人が多いです。

最初は分からなくても、絨毯と一緒に暮らしていると「あ、やっぱりこれはケミカルだったんだ」と気がつくんですね。
かなり「経験」と「感覚」の世界で、マニュアルでは規定しきれない部分が多いです。
一般にケミカルはムラのない色になり、天然は微妙なムラがあって、それが色の奥行きを醸し出します。
少しずつ分かるようになってくるのが面白いところです。
  • ぷぎー
  • 2018.10.05 Friday 07:20
なんとかダフトで、海外サイトではそのような書き方がされないのはそういうことですか、笑。なるほどです。横糸を強弱で引っ張ることで角度がつけられ、階層ができるわけですね。おそらく、二本の横糸を互いに反対方向に引っ張ることですかね。古い部族絨毯は1.5層?ニムルールが多いような印象ですが、お持ちの古い絨毯たちはデプレス が効いていないものがやはり多いでしょうか。

色についてrugrabbitのこの管理者ルールも初めて聞きました。そうするとやはりrugrabbitで探すのがより正解ですかね。アンティークものを国内で探すも選択肢が少ない気がするので、どうしてもリスクが高い海外ネットで探すしかないですよね。どっかのサイトで見たんですが、90年代以降の部族?ペルシャ?絨毯の半分は一定のクローム?化学染料と併用されているとのことです。クローム染料自体はそれほど悪いものではないようですが、色を分かることで時代も特定できるし、一層楽しさも増えるから、ほんとに面白い要素ですね。
  • lma
  • 2018.10.05 Friday 13:21
なんとかバフトってたぶんペルシャ語で、日本の業者さんが仕入れているイランの業者さんの呼び方ではないでしょうか?

うちにある部族絨毯のほとんどがデプレスが効いていないタイプです。2枚ほどデプレスが効いているバルーチのマットサイズがありますが、たぶん売るために織られたものだと思います。

デプレスが効いた絨毯は堅牢度が増しますが、ペタンと畳むことができません。遊牧生活には頻繁な移動が付きものですから、畳めない絨毯は困るわけです。
また日本で販売されている固くて重いギャッベは、あくまでも日本や欧米の消費者向けに織られたものです。本来のギャッベは毛足が長いけれどもペタンと折りたため、それほど重くないようです。

また本来の部族絨毯は、簡素な織り機のため幅が狭く「ラグ(小型絨毯)サイズ」です。
私もリビングに敷くため探してみましたが、アンティークの部族絨毯で「カーペットサイズ」はまず入手できません。本で見るアンティークのトルクメン絨毯のメインカーペットなどは、たぶん族長のために織られた特殊なもので、いまは博物館に行かなければお目にかかれないと思います。
リビングサイズは、オールドでも打ち込みがしっかりしていて色と意匠が気に入ったものが良いかもしれませんね。
  • ぷぎー
  • 2018.10.05 Friday 14:27
なるほどです。部族の生活ならではの織り方ですね。アンティークのサイズもそうですか。納得です。今までサイズはあんまり考えてこなかったので、大きいサイズがいいな、と。。質問ばかりで色々教えていただき本当に有難うございます。
めげずにまた質問させてください!!
※気付いたら今週も毎日絨毯のことを考えていました。仕事が。。笑
  • lma
  • 2018.10.05 Friday 19:22
書き忘れましたが、ちょっと気落ちさせる内容でごめんなさい。(´-`)
rug rabbitで買って失敗した体験談です。
http://rug-lover.jugem.jp/?eid=149

10年ほど前はネットで良い絨毯がたくさん流通していたのですが、ここ5年ほどは激減してrug rabbitにもあまり期待できません。品物もあまり売れてないんじゃないかしら。たまに良いものが出ると、一瞬で売れていたりします…

ここではちょっと書きにくい内容もありますので、ご質問等あれば tian2jing3@yahoo.co.jp にご連絡ください。
  • ぷぎー
  • 2018.10.06 Saturday 06:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album