ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「トランシルヴァニア絨毯」と呼ばれるトルコ絨毯 | main | 日光浴〜! >>
2018.04.01 Sunday

熊谷榧さんのバルーチ・鞍掛袋

 

IMG_0570.JPG

 

今年は絶好のお花見日和にめぐまれて、桜が存分に楽しめました。

花びらのじゅうたんもきれい。

 

IMG_0558.JPG

 

3月21日まで東京国立近代美術館で開かれていた

「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」がとても良かったので

きのうは池袋西郊の熊谷守一美術館に行ってきた。

 

IMG_0553.JPG

 

画家亡き後、自宅跡に次女・熊谷榧(カヤ)さんが私設美術館として1985年に設立し、2007年に豊島区立となる。

敷地80坪弱のこじんまりとした美術館だが、ここそこに温かさがあふれていた。

 

 

1880年(明治13年)岐阜県に生まれる。

裕福な実業家だった父は、初代岐阜市長から衆議院議員を務めたが、

守一は妾の家で育てられたりと複雑な家庭環境で、

幼い頃から人間のエゴや欲や醜いことに関しては人一倍敏感だったようだ。

 

父の仕事を通していろんなものが見えました。

生糸の仲買人は百姓をごまかして買い叩き、番頭は台秤をごまかして仲買人から安く買う。

それが番頭の忠義心であり、手腕だったわけです。そうやって人の裏をかき、人を押しのけて、

したり顔のやりとりを見ているうちに、商売のこつをのみ込んでいく代りに、

わたしはどうしたら争いのない生き方ができるだろうという考えにとりつかれていったのかもしれません。

(95歳 1975年)

(以下の引用は、『熊谷守一画文集 ひとりたのしむ』求龍堂1998年 より)

 

1900年、20歳のとき東京美術学校入学。同級生に青木繁がいる。

二年後に父が急死して家運が傾き莫大な借金が残る。

「たとえ乞食をしても絵かきになろう」と考えるが、「売るため」の作品が描けず、長く困窮がつづいた。

貧しい暮らしの中で三人の子を亡くしました。

次男の陽が四歳で死んだときは、陽がこの世に残す何もないことを思って、陽の死顔を描きはじめましたが、

描いているうちに”絵”を描いている自分に気がつき、嫌になって止めました。

「陽の死んだ日」です。早描きで、三十分ぐらいで描きました。 (93歳 1973年)

 

やがてコレクターの木村定三氏をはじめとして、作品が徐々に認められるようになっていったが、

欲のない、超俗の精神はそのままだった。

 

IMG_0571.jpg

 

美術館の塀に彫られた蟻の絵とサインの写し。

晩年は家の庭で日がな一日、小さな生きものや草花を観察して過ごしていた。

 

地面に頬杖つきながら、蟻の歩き方を幾年も見ていたんですが、

蟻は左の二番目の足から歩き出すんです。(96歳 1976年)

 

IMG_0564.jpg

 

自宅の庭にひそんでいる熊谷守一

 

いまは見えなくても、そのときおりおり、芽を出して花を咲かせ、実をつけるいろいろな草木があって、

この植えこみのぐるりの道は、ただ歩くものならものの二分とかからないでもとに戻れる範囲ですが、

草や虫や土や水がめの中のメダカや、いろいろなものを見ながら廻ると、毎日廻ったってあきません。

そのたび面白くて、ずいぶん時間がかかるんです。 (96歳 1976年)

 

近代美術館での回顧展もそうだったが、彼の作品を見ているうちにある種の解放感へと向かう。

初期の作品はアカデミックで暗い色調のものだが、やがてフォービズム的な荒いタッチへと変わり、

やがて赤い輪郭線で仕切られた清澄な作風になる。

 

なんというか、心の澱が取り払われていくような気持ちがするのだ。

 

絵は好きで、それなりに観るのだが、詳しいことはよくわからない。

最近はもっぱら、作品からあふれる「気」が好ましいかどうかだ。

 

熊谷守一の作品は見る者の心を浄化する力があるように思う。

 

自由に生きていいんだ。

アリや蝶々やカマキリのように、

そっと花を咲かせる小さな草花のように、

だって自分もおんなじ小さな生きものだから。

 

* * *

 

とまあ、そんな感じで今回も気持ち良く作品を見おわり、

カウンター付近の絵葉書やカタログなど眺めていますと、、、

 

IMG_0555.JPG

 

おおっ!

なんと熊谷守一美術館にバルーチのサドルバッグがぁ〜!

しかも完品!

裏側を見るとかなり古いもののようだ。

 

思わず受付職員の方に

「この袋、写真撮らせてもらってもよろしいでしょうか?!」

と訊いてしまった。

 

許可を得てパシャリ!

 

* * *

 

じつはこの横はソファーが並べられており、

熊谷守一の次女であり館長でもある榧さんが座っておられたのである。

 

上記を引用させていただいた求龍堂『ひとりたのしむ』の年譜も、榧さんが執筆されており、

一見淡々と書かれているようでいて、行間にじつに豊かな味わいのある文章に舌を巻いていたのであった。

また館内には、榧さんの絵、彫刻、木彫りなどの作品も展示されており、

さすがは熊谷守一の愛娘というしかなかった。

 

雑誌『婦人之友』3月号のインタビュー記事も読んでいたし、

ホントはちょっぴりお話かけしたかったのだったが、

やっぱいきなり話しかけるのも失礼かなと思って我慢していたのだ。

 

* * *

 

そのあと絵はがきを買い、

「せっかく池袋まで来たんだから、雑司が谷霊園にある永井荷風先生の墓に行くか〜」

とそそくさと美術館を後にしたのであった。

 

しかし!

「なぜバルーチのサドルバッグがあるのか、理由を聞いてくればよかった」

と思いはじめ、

「熊谷守一は晩年ほとんど外出しなかったそうだから、

誰かからプレゼントでもらったか、

それとも榧さんはヨーロッパの山スキーなどに出かけておられるから

榧さんの持ち物か、どっちかじゃないかな?」

と気になりはじめた。

 

家に帰ってからだとタイミングを逃してしまう。

そこで雑司が谷の駅を出たところで美術館に電話した。

 

「あの〜、さっき袋の写真を撮らせていただいた者なんですけど、

差し支えなければ、あの袋の来歴を教えていただけませんか?」

 

「少々お待ちください」との後、しばらく経って

「あれは次女の熊谷榧さんの持ち物です。

中東でラクダなどの背にかけて使う袋ということです」

との返事をいただいた。

 

ラクダには小さすぎるのでロバか馬とは思ったけれど

「はい! わかりました!

どうもありがとうございました!」

と電話を切った。

 

そうか〜、熊谷榧さんがあの袋を気に入られたんだ〜。

 

バルーチのシックな色合いと、しっとりしたウールの質感、丁寧な紐飾り。

 

榧さんがバルーチの毛織物を気に入ってくださったと知って、

とても嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

コメント
ご無沙汰しています。
いかにもバルーチらしいサドルバックですね。
気になって電話されたというくだりが共感しました。
こちらもたぶん気になって同じような行動をしてしまいそうです。
近いうちに見に行きたいと思っています。貴重な情報ありがたいです!
  • tribesakaki
  • 2018.05.09 Wednesday 10:25
コメントありがとうございます。
熊谷榧さんは文章などから気さくな方のようにお見受けされるので、入手のエピソードなどお聞きしてくれば良かったなあと後から悔やみました。
熊谷榧さんがこのサドルバックを肩から掛けて歩いたら、すごくカッコいいだろうと思います。もちろんお父様の守一さんなら日本人には見えないかも。(妄想)

山崎努と樹木希林が主役の「モリのいる場所」、5月19日から公開されます。行ってみようと思っています。
http://mori-movie.com/sp/
  • ぷぎー
  • 2018.05.09 Wednesday 12:48
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album