ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 続 「トランシルバニア絨毯」の本 | main | 1. それはギャッベからはじまった >>
2019.06.14 Friday

お久しぶりです

 


最後の記事が去年の6月28日なので、ほぼ一年ご無沙汰しておりました。

みなさまお変わりありませんか?
 

 

このブログはもともとアクセス数は大したことなかったのですが、

休止中?のあいだも訪れてくださる方がいらして、うれしいなぁと思っていました。

けさ、久しぶりにカシュガイ族のバッグフェイスを出してみました。



最近、カディコットンなど布物を眺めることが多かったのですが、
やはり毛織物の奥行きのある質感はいいですね。



お日様の光が当たって、すこしハレーションを起こしていますが
やっぱり部族絨毯のウール、染め、織りには独特の魅力があります。



いま、自分の絨毯遍歴をふり返る作業にかかろうとしています。

ときどき更新します。

どうぞよろしく〜!


 

 

 

コメント
ぷぎー様…一年ぶりに懐かしい友と再会したような気がします。掲載された作品を取り出して、触れ心地を確かめながら撮影された様子を想像しました。お互いにさまざまな事情があってお会いできないことなど山ほどあるわけで、「ときどきの更新」によるぷぎーさんの【絨毯遍歴】を今後も楽しみにしています。ゆっくりのんびりたっぷり時間をかけてご自身も「我が遍歴」を楽しんでください。石川修次
  • 石川修次
  • 2019.06.19 Wednesday 20:57
石川さま
大変ご無沙汰しております。コメント嬉しく拝見しました。その後お変わりありませんでしょうか?
久しぶりに自分の好きな絨毯を取り出して写真を撮って、なんだかホッとしました。私はなぜか梅雨どきになると絨毯を触りたくなります。ジメジメした空気の中でも毛織物は割とカラッとして、触れるとほんわかした気持ちになれます。なによりカシュガイの明るく、それでいて深い色合いがどんよりした空気を爽やかにしてくれるように思います。
「絨毯遍歴」は忘れてしまっていた事柄などをできるだけ思い出しつつ、できるだけ本音で語ってゆきたいと思います。
不定期ですが、これからもときどき覗いてみてくださいね。
  • ぷぎー
  • 2019.06.20 Thursday 07:11
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album