ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< デプレスの有無 | main | トルクメン・テッケ・チュバル >>
2012.02.01 Wednesday

アフガン トルクメン絨毯


デプレスのきいたアフガン・トルクメン絨毯をご紹介します。
この絨毯は何度写真を撮っても実物と違いすぎて掲載をあきらめていたのですが、やっと、そこそこの写真が撮れました。



購入時、アフガニスタン北部のドーラタバードに住むトルクメンの絨毯と聞きました。



この写真はつづけて撮ったものですが、色合いが変わって見えます。
ほんのわずかな光の当たり具合で、これだけイメージが変わるんですね。
毛並みの方向や光の当たり具合で変わって見えるのは、シルク絨毯だけでなくウール絨毯も同じです。
艶のあるパイルや長めのパイルの場合は特にそうです。



この絨毯もウールに艶があり、パイルが1.5cmほどあります。



裏を見ると、ノットの単位が単数になっています。
「デプレスのきいた絨毯は、裏側に結び目がひとつしか見えず、デプレスのきいていない絨毯は、裏側に結び目が二つ見える」と書きましたが、
絨毯の裏を見れば、デプレスの有無がわかります。
この絨毯は、かなり強いデプレスがかかっていて、結び目が盛り上がって見えるくらい。



この写真では光の反射のために、右下がマゼンタ色に写っていますが実際は違います。
深い茜色が基本で、角度によっては紫がかって見えるときもあります。



屋外で撮るとこんな感じ。
茜の濃淡とインディゴ、ほとんど黒に見えるパイルも混じっていますが、この黒の由来がわかりません。
茜は天然染料だと思いますが、完全な黒色は天然染料では出せないと聞きますので
もしかしたら黒は化学染料かもしれません。ただし使われているのはほんの一部です。



大きさは約1m×1.5mですが、かなり重い絨毯です。
パイルが長い上に打込みが密で、デプレスが効いているため、とても丈夫な絨毯です。

この質感は、ラノリンと呼ばれる羊の脂が豊富なウール、打込みの密度やパイルの長さといった点で、
ゾランヴァリの「カシュクリ」や「ルリバフ」にカテゴライズされるギャッベに近いのではないでしょうか。
違うのは色合いとデザインです。

じつは私がギャッベの次に夢中になったのがアフガンのトルクメン絨毯でした。
いまでもギャッベは好きですが、アフガンのトルクメン絨毯のあたたかい茜色と飽きのこないデザインは、ギャッベにないものでした。
日本の一般的な家やマンションにも似合うと思います。
なんというか、「くつろぐ」には最高の質感だと思うんですね。



絨毯やキリム関係のサイトを見ていて残念なことは、
自分のフィールドから外れる絨毯やキリムのことをけなす業者さんがいることです。
もちろん一部の業者さんですが、トルコびいきとイランびいきが争っている感じがします。

そもそも毛織物といっても本当にさまざまなものがあり、「トルコ」とか「イラン」でひとくくりにはできないのではないでしょうか?
また、「トルコ人は……」とか「イラン人は……」と決めつけるのは偏見につながります。
ご自分の経験からものを言っているのでしょうが、それが全てではないと思います。
もちろんお国柄というものはありますが、日本人だって几帳面な人もズボラな人もいるように
国で人柄をネガティブに決めつけるのはよしましょうよ。

また、なにか「部族絨毯」というと、粗悪なもののように思いこんでいる方もいるようですが、
その人は一体、部族絨毯についてどれだけ知っているのでしょう?
私も知らないことばかりですが、知らないのに悪く言うのはよしてほしい。

アフガンのトルクメン絨毯は、なかにはあまり質の良くないものもあるでしょうが、
美しさと実用性を兼ね備えた素晴らしいものがたくさんあります。

ただあまり日本の市場に出回っていないため、すばらしい実物に接する機会がほとんどなく、
バルーチにせよトルクメンにせよ、写真うつりが悪いため、ネットではその良さが伝わらないのが残念です。

* * *

antique collector's club発行の"Oriental Rugs vol.3 The Carpet of Afganistan"などを見ますと、

アフガンのトルクメンは、支族としてのテッケやヨムートもいますが数として多いのはエルサリで、
エルサリはさらに四つのサブ・クランに分かれ、それがまた50以上に分かれているそうです。
この絨毯は「スレイマン・ギュル」が使われており、エルサリのサブ・クランであるスレイマンのメンバーの手によるものでしょう。

またドーラタバード(地名)の絨毯には、カラコル羊の上質のウールが使われ、
固く引きしまった織りで、非対称結び、"double wefted"と説明されています。
この"double wefted"というのは「デプレスあり」と同じ意味で、逆の「デプレスなし」は"single wefted"となります。
(ちなみに日本では「シングル・ノット=ペルシャ結び」「ダブル・ノット=トルコ結び」と説明されることがあるようですが、これは上の意味を取り違えた誤った解釈です)



いまなお戦乱がつづくアフガニスタンの人びとはどんな思いで暮らしているのでしょうか。
一日も早く平和と安定が訪れ、人びとに笑顔が戻り、
また素晴らしい絨毯が織られる日々が来るように願っています。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album